ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 産業支援拠点 宇治NEXT > 産業交流拠点「うじらぼ」

本文

産業交流拠点「うじらぼ」

印刷ページ表示 大きな文字で印刷 更新日:2021年1月14日更新

「うじらぼ」の新型コロナウイルス感染症への対応(2021年1月14日更新)

 京都府に対する緊急事態宣言の発出に伴い、国の「基本的対処方針」(令和3年1月13日内閣官房)、京都府の「新型コロナウイルス感染拡大防止のための京都府における緊急事態措置」(令和3年1月12日)に基づき、令和3年1月18日(月)から2月7日(日)までの間における「うじらぼ」の使用基準につきましては、以下のとおりと致します。

なお、状況により延長される場合があります。ご理解とご協力をお願いします。

 

<期間> 令和3年1月18日(月)から2月7日(日)

<利用制限> 

 ・利用時間は18時まで (コワーキング、イベント利用ともに)

 ・飲食を伴う利用は不可(水分補給を除く)


 

(メニュー)産業交流拠点「うじらぼ」トップページ/コワーキングスペースイベントスペース情報発信スペース
※利用に関する詳細は『「うじらぼ」の利用ルール』をお読みください ⇒ 「うじらぼ」の利用ルール [PDFファイル/535KB]

2020年11月19日(木曜日)オープン!!!
うじらぼパース

 

「うじらぼ」とは

宇治市産業会館1階の産業交流施設です。
宇治市と宇治商工会議所が一体となった「宇治NEXT」が運営します。
宇治NEXT

挑戦する人・応援する人、様々な人が交流を通して、失敗しながらも挑戦し、産業の新しい価値を生み出す研究所のような場所でありたいという想いから、「宇治で挑戦し続ける人達の研究所(ラボ)」=「うじらぼ」としました。
うじらぼパース

様々な人の交流を通し、新しいアイデア・事業・商品・働き方等の新しい価値が生まれる「空間」や「支援体制」をご用意する予定です。

3つのスペース

3つの機能
コワーキングスペース
事業者・起業家・学生等が仕事等を行う場。多様な働き方や起業のための共有オフィスです。
利用料無料・Wi-Fi完備のスペースとなります。

※イベント時は使用可能エリアが変更となりますので、イベント情報をご確認ください。

イベントスペース
事業者・起業家・学生等の交流の場。
宇治NEXTが実施するイベントをはじめ、産業交流を生みだすイベントを実施していただけます(有料)。

 

情報発信スペース
【展示コーナー】
市内企業の商品や製品等をPRするための展示場所です(展示コーナー募集概要)
※2021年3月31日までの出展募集は終了しました。
次回は4月1日以降の展示となります。次回募集はこのページにてご案内いたします。

【掲示板】
うじらぼ利用者同士の交流を図るため、自由に貼りだしが出来る交流カードをご用意しております。ご自由にご活用ください。

イベント情報

うじらぼでは、「起業」や「新しい働き方」、「事業者・学生の交流」等をテーマとしたイベント・セミナーを実施していきます。

【毎週水曜日はオープンデイ!!】
全体

 

毎週水曜日は、うじらぼスタッフが常駐しています。

うじらぼって何?って方
うじらぼの使い方を知りたい方
ワイワイ仕事がしたい方
事業の相談がある方 など

お気軽にお越しください!


【毎週第2水曜日は「うじらぼLIVE」】
うじらぼLIVEうじらぼスタッフがお届けするLIVE配信番組。
1月13日から毎週第2水曜日12時00分スタート!!

宇治の事業者さんなどをお招きし、事業内容や想い、今後の展望などを伺いながら、うじらぼスタッフがどんなことができるのかについて考えていく様子をおとどけしていきます。
うじらぼスタッフにとっても新しい挑戦。あたたかく見守ってください。

第1回 1月13日水曜日12時00分から(ゲスト:後藤恭子/INCENSE KITCHEN【インセンス キッチン・三好亜海/株式会社TAJIRO工房)<外部リンク>


【過去のイベント】

うじらぼナイト2020年11月19日
オープニングイベント「うじらぼナイト キックオフ」

 

 

 

うじらぼ1回目

2019年11月19日
第1回うじらぼ「30代の生き方・働き方」

 

 

 

うじらぼ2回目

2019年12月25日
第2回うじらぼ「好きを仕事にする生き方」

 

 

 

うじらぼ3回目

2020年1月21日
第3回うじらぼ「20代で起業という選択」

 

 

 

アクセス

〒611-0021 宇治市宇治琵琶45-13 宇治市産業会館1階

(最寄り駅)
JR宇治駅 徒歩15分
京阪宇治駅 徒歩25分
地図

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

<外部リンク>