ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 文化事業 > 古典の日文化基金賞

本文

古典の日文化基金賞

印刷ページ表示 更新日:2021年12月9日更新 <外部リンク>

古典の日文化基金賞

日本の古典文化の研究・普及・啓発活動に貢献された国内外の個人・法人・団体を対象とした賞です。

賞の対象は、「文学・思想分野(文学、哲学、学術、思想、宗教ほか)」、「伝統芸能・音楽分野(伝統芸能、演芸、演劇、舞踊、音楽ほか)」、「美術・生活文化分野(美術、工芸、生活文化、祭事、その他の文化芸術)」の3分野とされ、毎年それぞれの分野毎に1件の賞が贈られます。

第1回古典文化基金賞の特別賞である「芳賀徹記念賞」の理念と志を継承発展させ、次世代の日本文化を担う若者たち(小中高大学生ほか)の古典文化活動を励まし、顕彰するため「古典の日文化基金未来賞」が新設されました。

詳しくは、古典の日推進委員会ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

募集について

第2回古典の日文化基金賞の応募者を募集中です。

募集期間

令和3年10月1日(金曜日)~令和4年3月31日(木曜日)【必着】

応募方法

 宛先を「古典の日文化基金賞」とし、所定用紙に必要事項を記入の上、郵送または持参してください。

 なお、添付資料として、研究・活動概要のわかる書類及び審査の対象となる資料(出版物・DVD・パンフレット)を添付してください。

 ※自薦・他薦は不問。

 ※メール(kotennohi*hellokcb.or.jp)での応募の場合は、件名を「古典の日文化基金賞応募」とした上で、ご応募ください。

なお、メールでのご応募の場合でも、添付資料については、郵送または持参をしてください。メールアドレスは迷惑メール防止のため、@を*で表示していますので、メールでのご応募の際は、ご注意ください。

応募費用

 無料

 ※ただし、応募書類等の提出にかかる郵送料等については、応募者負担となります。

 

その他

  • 提出いただいた資料は、返却しません。
  • 応募書類に不備があった場合は、審査から除外する場合があります。
  • 事前審査にあたり、書類内容等の確認のため、事務局から応募者または推薦者に対して連絡する場合があります。適切な対応がなされない場合や一定期間連絡が取れない場合は、審査対象から除外する場合があります。
  • 受賞発表前の候補者に関する問い合わせや選考状況に対する問い合わせにつきましては、一切お答えできません。
  • 受賞された取り組み等につきましては、授賞式及びホームページ、パンフレットやマスコミ等で公開するとともに、各種事業へのご協力をお願いすることがあります。

 

募集要項など

募集要項 [PDFファイル/1.77MB]

応募(推薦)用紙 [PDFファイル/138KB]

応募(推薦用紙) [Excelファイル/27KB]

応募・問い合わせ先

 古典の日文化基金賞顕彰委員会事務局

 〒600-8009

 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階 公益財団法人京都文化交流コンベンションビューロー内

 電話 075-353-3060

 Fax 075-353-3055

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


お知らせ
宇治田楽
文化芸術活動動画配信事業
後援名義使用申請手続
文化センター