ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 分類でさがす > くらし > 保険・国民年金 > 介護保険 > 介護保険 > 高額介護サービス費の支給

本文

高額介護サービス費の支給

印刷ページ表示 更新日:2020年8月1日更新 <外部リンク>

 1ヶ月に利用した介護サービスの利用者負担が高額になり、上限額を超えた場合には、申請して認められると、超えた分が「高額介護サービス費」として宇治市から後で支給されます。世帯内に複数の利用者がいる場合は、合算して計算します。

利用者負担段階と上限額
 

対象となる人

自己負担額の上限

個人

世帯

(1)

生活保護受給者

15,000円

15,000円

住民税非課税世帯で老齢福祉年金受給者

15,000円

24,600円

(2)

住民税非課税世帯で本人の合計所得金額と課税年金等収入額の合計額が80万円以下の人

(3)

住民税非課税世帯で(2)に該当しない人

24,600円

(4)

住民税課税世帯

44,400円

44,400円

食費・居住費(滞在費)・住宅改修費・福祉用具購入費・日常生活費等は支給対象になりません。
※要介護ごとに決められた支給限度額を超えて介護サービスを利用している場合、超えた分は支給対象になりません。
※「合計所得金額」については、長期譲渡所得・短期譲渡所得に係る特別控除額および公的年金等に係る雑所得を差し引いた後の金額を用います。
※一度申請すれば、指定された口座に継続して支給しますので、2回目以降の申請は不要です。ただし、申請内容に変更が生じた場合は、再度申請が必要です。

申請に必要なもの

  1. 高額介護(介護予防)サービス費支給申請書
  2. 印かん
  3. 振込み先(銀行口座番号等)の控え
  4. 介護保険給付申請に係る給付費用受領委任状(被保険者本人名義以外の口座に振込みする場合)

申請書

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)