ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 文化事業 > 街かど古典カフェ

本文

街かど古典カフェ

印刷ページ表示 更新日:2020年9月23日更新 <外部リンク>

一流の講師を囲み、趣のある空間で、古典をより深く掘り下げて学ぶ「街かど古典カフェ」。

募集が定員を上回った場合は、抽選となります。

詳しくは古典の日推進委員会ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 

1 『源氏物語 宇治十帖』連続講座<2回連続シリーズ>

 多くの日本の文豪が現代語訳に挑む『源氏物語』。作家、角田光代さんは長い年月をかけ2020年2月に『源氏物語』全三巻を完結され、「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」に収録されました。第1回は、角田光代さんから長編小説に向き合ってこられたお話しをたっぷりとお聞きいたします。

 第2回は、『紫式部ひとり語り』の著者・山本淳子さんに、『源氏物語』に描かれた人々の出家や救済について、平等院が象徴する浄土信仰への紫式部の思いと共に、独自の観点でお話しいただきます。

 ドラマティックな宇治の地において、お二人の目を通した『源氏物語 宇治十帖』の魅力に迫る講座です。

講座日程

 
  日程 会場 講師
第1回

11月25日(水曜日)

平等院 浄土院(宇治市宇治蓮華116)

角田光代(小説家)

(聞き手:家塚智子(市職員))

第2回 12月2日(水曜日) 山本淳子(京都先端科学大学教授)

全日程、時間は13時30分~16時。受付開始は13時。

 講師等紹介

 
名前(ふりがな) プロフィール

角田光代(かくたみつよ)

小説家。

1967年神奈川県生まれ。90年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。96年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、05年『対岸の彼女』で直木賞、06年「ロック母」で川端康成文学賞、07年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、11年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、12年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞、14年『私のなかの彼女』で河合隼雄物語賞を受賞。「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」で現代語訳を手掛けた『源氏物語 上・中・下』が2020年2月完結した。

家塚智子(いえつかともこ)

奈良女子大学大学院人間文化研究科博士後期課程修了。博士(文学)。専門は日本中世史・日本文化史。

単著に『初めての源氏物語 宇治へようこそ』(一般財団法人宇治市文化財愛護協会)等がある。

山本淳子(やまもとじゅんこ)

京都先端科学大学教授。

京都大学文学部卒業、京都大学大学院人間・環境学研究科修了。博士(人間・環境学)。主な著書の『源氏物語の時代―一条天皇と后たちのものがたり』(朝日新聞出版)でサントリー学芸賞受賞。『平安人の心で「源氏物語」を読む』(朝日新聞出版)で古代歴史文化賞受賞。『誰も教えてくれなかった「源氏物語」本当の面白さ』(林真理子氏と共著、小学館新書)、『紫式部集論』(和泉書院)、『紫式部日記と王朝貴族社会』(和泉書院)、『枕草子のたくらみ-「春はあけぼの」に秘められた思い』(朝日新聞出版)。『紫式部ひとり語り』(角川ソフィア文庫)など著書多数。

 

募集について

受講料

  8,000円

   ※宇治市源氏物語ミュージアム観覧料(600円)及び平等院拝観料(600円)を含む。

募集期間

  令和2年9月23日(水曜日)~10月16日(金曜日)必着

定員

  100名(申し込み多数の場合は抽選)

応募方法

  古典の日推進委員会ホームページもしくは郵便往復はがき(1通につき1名)

  <郵便往復はがきの記入方法>

   ※字が消せるタイプの筆記用具はご使用にならないでください。

   [往信用の表面]〒600-8009 京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階

   (公財)京都文化交流コンベンションビューロー内 古典の日推進委員会「街かど古典カフェ」係

 

   [往信用の裏面](1)氏名(フリガナ)(2) 郵便番号、住所 (3) 電話番号 (4) メールアドレス(お持ちの方のみ)(5) 性別 (6) 年齢

 

   [返信用の表面] (1)ご自身のご住所 (2) お名前

 

   [返信用の裏面] 何も記入しないでください

 

注意事項

  以下の場合は、申し込みが無効となりますのでご注意ください。

  1. Web申し込み、郵便往復はがき以外での応募
  2. 重複応募(Web申し込み・はがきの重複も含む)
  3. 1通につき2名以上の応募
  4. 記入漏れ、記載不備
  5. 応募締切日を過ぎたもの

その他

  1. 抽選結果の通知は10月下旬頃を予定。
  2. 往復はがきでお申し込みの当選者には、受講料の入金確認後、受講票(返信はがき)を送付します。
  3. Webでお申し込みの当選者には、メールでご案内します。
  4. 振込手数料は各自でご負担ください。また、入金後のキャンセルはできませんのでご注意ください。
  5. 応募時にご記入いただいた個人情報につきましては、古典の日推進委員会の事業のご案内や、各種連絡の目的にのみ使用します。

 

問い合わせ先

  古典の日推進委員会  *月曜日~金曜日 9時00分~17時00分(土日祝は除く)

  住所:〒600-8009 京都府京都市下京区四条通室町東入函谷鉾町78番地 京都経済センター3階 公益財団法人 京都文化交流コンベンションビューロー

  Tel:075-353-3060

  Fax:075-353-3055 

  ホームページ:http://www.kotennohi.jp/<外部リンク>