ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 文化事業 > 源氏ろまん2015

本文

源氏ろまん2015

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

源氏物語セミナー

  • 日時 平成27年10月17日(土曜日) 午後2時~午後3時30分
  • 会場 宇治市源氏物語ミュージアム 講座室
  • 講師 林 望 さん(作家・国文学者)
  • 演題 「源氏物語の奥深い楽しみ」

宇治田楽まつり

  • 日時 平成27年10月17日(土曜日) 午後6時公演開始
  • 会場 京都府立宇治公園中の島

宇治田楽まつりの画像

宇治十帖スタンプラリー

  • 日時 平成27年10月24日(土曜日)、25日(日曜日)、31日(土曜日)、11月1日(日曜日)、3日(火曜日・祝日)
    • スタンプ設置時間 午前9時30分~午後4時
    • ゴール開設時間 午前9時30分~午後4時30分
  • コース
    • 基本コース
      宇治十帖の古跡めぐり (約4.5km)
    • 健脚コース
      宇治十帖の古跡、宇治上神社、興聖寺、平等院、大吉山万葉歌碑、厳島神社など (約13.5km)

第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式及び記念イベント

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式

オープニングイベント:源氏物語朗読 「若紫」「橋姫」

(第6回古典の日朗読コンテスト宇治市長賞 高橋知惠子 様)

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像1

第25回紫式部市民文化賞受賞

  • 若原 憲和 様 「太八の青春と死―戦時下の昭和史断章」
  • みぎわ せり 様 「ひなの川、町を流れて―生家への鎮魂歌」

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像2
若原 憲和 様

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像3
みぎわ せり 様
受賞者の方へは、正賞のブロンズ像、賞状、目録を贈呈いたしました

第25回紫式部市民文化賞選考委員特別賞受賞

宇治川柳会の皆さん 「宇治川柳会  創立五周年記念合同句集 番茶」

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像4
宇治川柳会 会長 広瀬 勝博 様(左)、前会長 田中 荘介 様(右)
宇治川柳会の代表のお二方へ、賞状・目録を贈呈いたしました。会場には会員の皆さんにもお越しいただきました。

第25回紫式部文学賞受賞

佐藤 愛子 様 「晩鐘」

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像5
【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像6
佐藤様には、これまでの作家人生を振り返りながら、受賞のスピーチをしていただきました。誰のためでもなくご自身が書きたいものを書こうと思い、「晩鐘」を執筆されたとの事です。
ユーモアをまじえつつも含蓄のあるお言葉に、感動の拍手が会場に響き渡りました。

【第1部】 第25回紫式部文学賞・紫式部市民文化賞贈呈式の画像7

【第2部】 記念イベント

源氏の花模様 ~女君の恋・百花繚乱~

源氏の花模様 ~女君の恋・百花繚乱~の画像1
源氏の花模様 ~女君の恋・百花繚乱~の画像2
華道家 假屋崎 省吾 様による トーク&デモンストレーションです。
トークに引き込まれて耳を傾けている内に、気がつけば壇上には色鮮やかな花がいけられています。この日は、3種類の作品をご披露いただきました。

宇治市源氏物語ミュージアム名誉館長講座

宇治市源氏物語ミュージアム名誉館長講座の画像1
宇治市源氏物語ミュージアム名誉館長講座の画像2
宇治市源氏物語ミュージアム名誉館長である瀬戸内 寂聴 様にご講演いただきました。
源氏物語の舞台となった山や川が宇治には残っている事や、宇治十帖の浮舟が出家する場面の事などをお話しいただきました。

プロフィール

假屋崎省吾さん

假屋崎省吾さんの画像
華道家。假屋崎省吾花・ブーケ教室主宰。
現在TBS「中居正広の金曜日のスマたちへ」
にレギュラー出演。
NHK「あさイチ」にゲストコメンテーターと
して出演。
MBS「プレバト!!」での大人気企画、いけば
なの才能査定ランキングの専門家ゲストとして
出演するなど、テレビ・雑誌・新聞など幅広い分
野で活躍中。

瀬戸内寂聴さん

瀬戸内寂聴さんの画像
作家、僧侶。
1998年『源氏物語』(全10巻)現代語訳完訳。
1991年宇治市が創設した紫式部文学賞選考委員
に就任(~2004年)。
1998年宇治市源氏物語ミュージアム名誉館長に。
2006年文化勲章を受章。
主な作品には『美は乱調にあり』『奇縁まんだ
ら』『爛』『死に支度』など多数。
ミュージアム開館時から開催している「名誉館
長講座」は、毎年多くの参加者で、好評を博して
いる。