ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 宇治市消費生活センター > クレジットカードは管理出来るものだけに! 市政だより平成29年4月1日号記事

本文

クレジットカードは管理出来るものだけに! 市政だより平成29年4月1日号記事

印刷ページ表示 更新日:2017年4月15日更新 <外部リンク>

Q

久しぶりに銀行の通帳を記帳したら、6カ月前のクレジットカードの引き落とし額が異常に高額でした。

こんなに買い物をした覚えはありません。

不当に取られているのではないでしょうか。

A.

カードの明細を確認しましたか。

請求明細書を確認しないまま、銀行口座で引き落とされた後、時間が経ってから「知らぬ間に不当な金額が支払い済みになっている」という相談を受けることがあります。

日頃から明細や通帳をこまめに確認し、不当な請求があれば出来るだけ早くカード会社に調査を依頼してください。

時間が経つと解決が困難になります。

カード会社の約款には、不正使用された場合などについても書かれているため、確認してください。

ポイントやサービス目当てでたくさんのカードを保有している人がいますが、自分で管理出来る枚数にしましょう。

カード会社の合併などによる名称変更や義理で契約したカードを机の中に入れっぱなしにしていたために「知らない会社から更新のカードが送られてきた」という相談もよく聞きます。

セキュリティーを考えると2枚までが限度ではないでしょうか。

不要なカードの解約手続きはきちんとしておきましょう。


市政だより「こんなときどうする?」記事