ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 宇治市消費生活センター > 旅行契約の注意点 市政だより平成29年6月1日号記事

本文

旅行契約の注意点 市政だより平成29年6月1日号記事

印刷ページ表示 更新日:2017年6月1日更新 <外部リンク>

Q

パッケージツアーを申し込みする上で注意点があれば教えてください。

A.

旅行会社が日程や代金、ホテルや食事などの旅行内容をあらかじめセットし、参加者を募集するパッケージツアーの申し込み時の注意点についてご紹介します。

まず、パッケージツアーの催行・中止の決定権や、旅行の内容の決定権は旅行会社にあります。

契約は代金を支払うと成立するのが原則ですが、申し込み時に「キャンセル待ち」で代金を支払っても、まだ契約の成立はしていません。

旅行会社が「預り金」として預かり、参加条件が確保出来た時にそれを「申込金」として充当し、契約が成立します。

しかしながら、旅行会社が「預り金」を「申込金」と見なすと契約が成立してしまうので、領収書の記載を確認し、説明を求めましょう。

なお、キャンセル待ちをする場合の注意点は、「いつまで待つのか」の期限を旅行会社に伝えておくと、キャンセル料に関わるトラブル防止につながります。

キャンセル料については標準約款で定められています。

パンフレットや契約書等で、内容をしっかりと確認しましよう。


市政だより「こんなときどうする?」記事