ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 宇治市消費生活センター > インターネット中の偽警告表示にご注意 市政だより平成30年1月15日号記事

本文

インターネット中の偽警告表示にご注意 市政だより平成30年1月15日号記事

印刷ページ表示 更新日:2018年1月15日更新 <外部リンク>

Q.

インターネット中に、「ウイルス感染!」と警告画面が出ました。

表示された「サポート」に電話をすると「サポート契約したら直る。」と言われました。

指示どおり代金を支払って遠隔操作でサポートを受けました。

しかし私のパソコンにはウイルス対策ソフトが入っていたのでおかしいと思っています。

これは偽のウィルス感染だったのでしょうか。

A.

実際にはウイルス感染していないのに、偽の警告を出して電話させる手口と思われます。

このような表示が出ても、電話をしてはいけません。

サポート契約の解約については、消費生活センターに相談してください。

また、遠隔操作でサポートを受けた時に、パソコンの具合が悪くなったという事例も多いようです。

この状態になった場合には、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)やパソコンメーカーに相談してください。


市政だより「こんなときどうする?」記事