ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 宇治市消費生活センター > 賃貸アパートを退去したときの修理代は? 市政だより平成30年3月15日号記事

本文

賃貸アパートを退去したときの修理代は? 市政だより平成30年3月15日号記事

印刷ページ表示 更新日:2018年3月15日更新 <外部リンク>

Q.

賃貸アパートを退去することになりました。

壁紙の貼り替え等の補修や修繕費用は入居者か家主のどちらが負担するのでしょうか。

A.

時間の経過と共に発生した建物や設備の劣化などは、家賃に含まれていると考えられるので、家主が補修代等を負担することが一般的です。

ただし、入居者が建物や設備を汚したり傷つけたりした場合は、入居者が負担することになります。

契約の中には、修繕の義務を入居者に負担させる特約を定めたものがありますが、

これが有効と認められるには、「特約の内容が適正であり、かつ明確な合意があること」が必要です。

入退居の際は、必ず家主や業者と一緒に部屋の損耗などを確認し、念のために写真を撮っておくと良いでしょう。

※修繕費用の負担に関しては、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」をご覧ください。

国土交通省HP「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」(再改訂版)のダウンロード(別ウインドウで開く)<外部リンク>


市政だより「こんなときどうする?」記事