ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 宇治市消費生活センター > 食品による窒息・誤嚥(ごえん)事故に注意!市政だより令和3年4月15日号記事

本文

食品による窒息・誤嚥(ごえん)事故に注意!市政だより令和3年4月15日号記事

印刷ページ表示 更新日:2021年4月15日更新 <外部リンク>

Q.

食品をのどに詰まらせ、重大な事故になるケースが報道されていますが、

高齢者や子どもにとり、注意すべき食品はありますか?

 

A.

かみ砕く力や飲み込む力が衰えた人や、小さな子どもは、固いものや大きなかたまりをのどや気管に詰まらせる窒息や、肺炎の原因にもなる誤嚥の危険性があります。

餅や飴玉、こんにゃくゼリーは有名ですが、それ以外の食品にも消費者庁は注意喚起をしています。

●豆やナッツ類など

 硬くてかみ砕く必要のある食品は、のどや気管に詰まると窒息しやすく大変危険です。

 小さく砕いた場合でも、気管に入りこんでしまうと肺炎や気管支炎を起こすことがあります。

●ミニトマトやぶどうなど

 丸ごと口に入れると、のどに詰まって窒息するリスクがあります。

 4等分にする、調理して軟らかくするなどして、よくかんで食べましょう。

詳しくは消費生活センターまで。


市政だより「こんなときどうする?」記事