ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 宇治市消費生活センター > 賃貸借契約のルールが変わっています!市政だより令和2年8月15日号記事

本文

賃貸借契約のルールが変わっています!市政だより令和2年8月15日号記事

印刷ページ表示 更新日:2020年8月18日更新 <外部リンク>

Q.

アパートなどを借りる賃貸借契約のルールが変わったと聞いたのです
が、どの様になったのでしょうか?

 

A.

令和2年4月に改正された民法から、ポイントは次の4点です。

1.敷金の返還義務や原状回復義務のルールが明確になりました。

2.賃貸借契約の連帯保証人を、個人が引き受ける場合は、保証の限度額を定める必要が生じます。

3.エアコンや水回りなどの設備が使用出来なくなった場合は、賃料が減額される場合があります。

4.災害等で住宅が使えなくなった場合は、賃貸借が終了するというルールが設けられました。

 

!Check!

☆契約を結ぶ際には、契約書をしっかり確認!

☆修繕費用の負担に関しては、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考にしましょう。


市政だより「こんなときどうする?」記事