ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 経営戦略課 > 第5次総合計画第3期中期計画を策定しました

本文

第5次総合計画第3期中期計画を策定しました

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

第3期中期計画の考え方

中期計画策定の趣旨

 市の普遍的・基本的方向を定めた「基本構想」は計画期間を11年間とする中で、「中期計画」は計画期間を3年間・4年間・4年間とし、市民ニーズ、社会経済情勢及び市政の連続性などを踏まえ、市長の公約との整合も図りながら、柔軟に対応できる実現性の高い計画を目指し、総合計画の具体的な方向性を示すものとして策定します。

目標年次・計画期間

 第3期中期計画の目標年次は、基本構想の目標年次と同じく2021年(平成33年)度とし、計画期間を2018年(平成30年)度から2021年(平成33年)度までとします。

基本構想(11年)
2011年(平成23年)度~2021年(平成33年)度
第1期中期計画(3年) 第2期中期計画(4年) 第3期中期計画(4年)
2011年(平成23年)度~
2013年(平成25年)度
2014年(平成26年)度~
2017年(平成29年)度
2018年(平成30年)度~
2021年(平成33年)度

進行管理と政策評価の公表

 中期計画の推進にあたっては、社会経済情勢等の変動及び市の財政状況などを踏まえ、各年度の政策評価及び予算編成で計画の具体化を図るものとし、政策評価は決算成果説明書にて公表します。また、中期計画期間ごとに中期計画全体の総括・検証を行うものとします。

 資料全体の数値について、2016年(平成28年)度までの数値は決算数値となっています。中期計画の目標値・指標値の中で、矢印表記については、各矢印の方向に向けて目指していく方向性を示しています。

 ➚ … 増加・上昇の方向性

 ➙ … 現状維持の方向性

 ➘ … 減少・削減の方向性

重点的施策

 人口減少・少子高齢社会の進展に対応した持続的に発展するまちを目指すためには、厳しい財政状況にあっても、将来を見通した展望と夢を織り込みながら、魅力ある宇治市を築く未来への投資も必要であり、第3期中期計画期間においては、選択と集中により重点的に取り組む施策を次のように定めます。

  1. 安全・安心なまちづくりの推進
  2. 市民参画・協働の推進
  3. 戦略的な産業活性化の推進
  4. 誰もが生き生きと暮らせるまちづくりの推進
  5. 切れ目のない総合的な子育て支援
  6. 未来の宇治のまちの発展と人口減少社会を見据えた都市基盤整備
  7. 計画的・効率的な行財政運営の確立
  8. 宇治の魅力を活用したまちづくりの推進

第3期中期計画冊子

第3期中期計画 冊子

第3期中期計画 冊子(概要版)

概要版[PDFファイル/1.5MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)