ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ごみ・リサイクル > 古紙等集団回収報償制度について、お知らせします。

本文

古紙等集団回収報償制度について、お知らせします。

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

古紙回収について

(1)古紙等集団回収報償制度
(2)宇治市の委託業者による回収

 宇治市の古紙類の取り扱いは、平成16年4月より、もえるごみでは収集せず、地域の古紙類の回収日の回収となっています。
 古紙回収日は、地域ごとに細かく分かれており、町内会・自治会等が民間古紙業者と契約されている場合(古紙等集団回収報償制度)と、宇治市の委託業者による回収(月1回)を行っている場合があります。

 なお、ここでいう古紙類とは新聞・チラシ、雑誌・その他紙類、ダンボール、古布をいいます。

古紙類1

 ただし、古布につきましては、新型コロナウイルス感染症対策の影響より、多くの古紙回収業者が古布の回収を一時的に中断されています。回収が再開されるまで、できる限り各ご家庭で保管いただきますようご協力をお願いします。再開され次第、再度お知らせいたします。

 詳細はこちらのお知らせをご確認ください。

古紙回収制度

(1)古紙等集団回収報償制度

 営利を目的としない、町内会・自治会・PTAなどが民間古紙回収業者と契約し、市に団体の登録をする制度です。
 登録をされた団体は、年2回、回収量の報告等をすることで、市からは回収量に応じて1kg当たり5円の報償金をお支払いします。

※制度について詳しくは、ごみ減量推進課までご相談ください。

(2)宇治市の委託業者による回収

 集団回収を行っていない、町内会・自治会や、マンション・アパートなどを対象に、宇治市が月1回古紙類の回収日を設定し、委託業者が分別回収をしています。

日程について

(1)の集団回収については、町内会・自治会等で設定しています(主に月1、2回)
(2)の市の委託業者による回収については、市が設定しています。

日程のダウンロード

民間業者が回収している場合、情報提供に基づいてリストを作成しています。情報提供がない場合は、リストになかったり、内容が古かったりする場合があります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


お知らせ
出前講座、環境教育、食育活動、イベント関係
審議会、諸計画、その他