ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > ごみ・リサイクル > 古紙類の分け方・出し方

本文

古紙類の分け方・出し方

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

宇治市において、リサイクル可能な古紙類はもえるごみでは収集しておりません。

古紙類の回収は、主に町内会等や育友会が民間古紙業者との契約により取り組んでおり、地域ごとに出す日が異なります。また、宇治市が委託した民間古紙業者が回収している地域もあります。

古紙類は、地域の古紙の回収日での排出をお願いします。

なお、町内会等や育友会ごとの古紙回収日は、こちらに掲載している「古紙回収日程表」をご覧ください。

対象となるもの

古紙類
新聞・チラシ、雑誌・その他紙、ダンボール、古布

ただし、古布につきましては、新型コロナウイルス感染症対策の影響より、多くの古紙回収業者が古布の回収を一時的に中断されています。回収が再開されるまで、できる限り各ご家庭で保管いただきますようご協力をお願いします。再開され次第、再度お知らせいたします。

詳細はこちらのお知らせをご確認ください。

注意すること

以下のものは出せないものです

対象外のもの

 禁忌品

 感熱紙・写真など

古紙類3

正しい出し方

 もえるごみ、もえないごみに出す

出す時のルール

古紙類1
上のように4分類をして出す


お知らせ
出前講座、環境教育、食育活動、イベント関係
審議会、諸計画、その他