ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 自治振興課 > シンポジウム「宇治の今と未来を地域からつくる」の開催"Future Design×Community"

本文

シンポジウム「宇治の今と未来を地域からつくる」の開催"Future Design×Community"

印刷ページ表示 更新日:2020年10月5日更新 <外部リンク>

シンポジウム 宇治の今と未来を地域からつくる

30年後の未来、宇治のまちはどのようになっているでしょうか。
変わっていくこと。変わらないこと。変わらないでいてほしいこと。
“30年後の未来人”になりきって、宇治の未来を考える。
それがフューチャー・デザインです。
宇治の未来と子供のために、
そして何よりわたしたちのために、今、すべきことを一緒に考えましょう。

内容

講演 「フューチャー・デザインで今と未来を考える」
 講師:西條 辰義氏(総合地球環境学研究所特任教授、高知工科大学 フューチャー・デザイン研究所所長)


パネルディスカッション 「宇治の今と未来を地域からつくる」
 コーディネーター:森 正美氏(京都文教大学 副学長)
 パネリスト:高橋 雅明氏(岩手県矢巾町企画財政課課長補佐)
        三浦 まなみ氏(フューチャー・デザイン宇治世話人)
        西條 辰義氏
        宇治市職員

日時

2020年11月3日(火曜日・祝日) 13時30分~16時

開催方法

オンラインによる開催(Zoom)・京都文教大学 弘誓館G103教室(定員80名)

参加申込

  • 締め切り:2020年10月28日(水曜日)
  • オンラインで参加される方:事前申込をいただいたメールアドレスに、参加するためのURL等をお知らせします。
  • 会場へお越しの方:新型コロナウイルス感染症対策のため、定員を限って開催しております。事前申し込みをいただいたメールアドレスに参加の可否をお知らせいたします。

   ★申込はこちら★<外部リンク>

チラシ

チラシ [PDFファイル/414KB]

ワークショップの開催

あわせて、宇治の今と未来を地域からつくるワークショップ(全3回)を開催します。

ぜひご参加ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)