ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 生涯学習課 > 「はじめての絵本ふれあい」事業

本文

「はじめての絵本ふれあい」事業

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

Q、ブックスタートって何をするのですか?

A、ブックスタートとは・・・

 1992 年にイギリスで始まった取組で、0 歳児健診の機会に絵本を通じた親子のふれあいや読み聞かせの大切さを伝えながら絵本を配布する取組のことです。

ブックスタートの画像1

本市では平成14 年度より、ブックスタートとして「はじめての絵本ふれあい事業」を実施しています。本事業は乳幼児健診(3 か月健診)受診時に、乳幼児とその保護者を対象に実施しているもので、絵本・おすすめ絵本リスト・図書館案内・絵本袋などを配布し、同時に市立図書館職員やボランティアによる絵本の読み聞かせ、保健師による読み聞かせや親子のふれあいの重要性についての説明を行っています。また、1歳8ヵ月健診時にも受診者に絵本をお渡ししています。

ブックスタートの画像2
↑ブックスタートグッズです。ぜひ活用してください!

詳しくは「はじめての絵本ふれあい事業」についてをクリックしてください♪