ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 【教育支援センター】教育支援課 > 第39回宇治市「中学生の主張」大会は誌上発表とします

本文

第39回宇治市「中学生の主張」大会は誌上発表とします

印刷ページ表示 更新日:2020年6月29日更新 <外部リンク>

第39回宇治市「中学生の主張」大会

 例年、宇治市内中学校(公立10校・私立1校)の代表生徒が、宇治市文化センターにて「主張」を発表しますが、今年度は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から会場での発表形式ではなく、誌上発表とします。

 宇治市「中学生の主張」大会は、人格を形成する上で重要な時期にある中学生が、「主張」発表を通して互いに考え学び合う契機にするとともに、市民の中学生に対する理解や認識を深め、青少年の健全育成の一層の推進を図ることをねらいとし、青少年健全育成協議会や連合育友会、学校、市教委が協力して作り上げた大会です。

 今年度は、色々な行事が中止となっていますが、子どもたちの活躍の場、発表の場をつくってあげたいという思いから総合的に判断し、誌上での発表となりました。

 主張の掲載冊子については、作成しましたらホームページ等でお知らせします。