ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 歴史まちづくり推進課 > 新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う歴史まちづくり推進課の窓口対応について

本文

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う歴史まちづくり推進課の窓口対応について

印刷ページ表示 更新日:2020年4月20日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症拡大防止に伴う歴史まちづくり推進課の窓口対応について

 

新型コロナウイルス感染症拡大により、政府が緊急事態宣言の発令地域を全都道府県に拡大するとともに、感染症拡大防止の取組みを重点的に進める「特定警戒都道府県」に京都府が指定されたことを受け、窓口での密集・密接を避けることや外出をできるだけ控えていただくため、窓口での不要不急な手続きの自粛についてご協力をお願いしています。

また、新型コロナウイルス感染症拡大防止を図るため、職員を削減し業務にあたることとなりました。

 

歴史まちづくり推進課の下記の手続きについては、当面の間、従来通り業務を継続しますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、出来るかぎり郵送での手続きをお願いいたします。

 

郵送が可能な手続き

  • 屋外広告物の掲出等に係る各種申請等
  • 景観法に基づく届出等
  • 風致地区内行為等の各種申請等

 

感染症拡大を防止するため、ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力の程、宜しくお願いいたします。

 なお、今後の状況によっては、さらに変更する可能性があります。

 

郵送での手続きに関しては、以下の点にご注意ください。

 

  • 事前協議についても、電話またはメールで対応いたします。
  • 通常時より手続き日数を要する場合があります
  • 交通事情等による遅延、不到達については責任を負えませんので、到達確認をされたい場合は書留、簡易書留での郵送等をご利用ください。
  • 許可書や副本等の返却についても、郵送対応は可能です。申請書を送付される際、必ず返信用封筒を同封してください。封筒には返信先住所を記入し、副本の重量や封筒のサイズに応じた郵送料相当分の切手をはりつけてください。景観及び風致の許可書や副本等の返却については、窓口での受領書への記名押印に代えて、受領確認のため簡易書留で返送いたしますので、返信用封筒に郵送料相当分と簡易書留料金(320円)の合計料金の切手を貼りつけてください。
  • 書面で内容を確認できない場合、または判断が困難な場合、また添付書類の不備や不足のあるものは受付を行わないことがあります。その際は、電話等で連絡します。