ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 用地課 > 所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法について

本文

所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法について

印刷ページ表示 更新日:2021年9月13日更新 <外部リンク>

「特別措置法」の施行について

人口減少、高齢化の進展に伴う土地利用ニーズの低下や地方から都会等への人口移動を背景とした土地の所有意識の希薄化等により、不動産登記簿等の公募情報を調査しても所有者が判明しない土地、または所有者が判明しても所有者に連絡がつかない土地、いわゆる「所有者不明土地」が増加しています。

所有者不明土地の利用の円滑化を図るための「所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法」が施行されました。
所有者不明土地の利用の円滑化等に関する特別措置法では、
(1)所有者不明土地を円滑に利用する仕組み
  ※地域福利増進事業
(2)所有者の探索を合理化する仕組み
(3)所有者不明土地を適切に管理する仕組み
を構築しています。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)