ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 年金医療課 > 年金生活者支援給付金とは

本文

年金生活者支援給付金とは

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金とは

 消費税引き上げ分を活用し、公的年金等の収入金額やその他の所得が一定水準以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

消費税率が10%に引き上げとなる、令和元年10月1日から施行されます。

給付金を受け取るには請求書の提出が必要です

  • 平成31年4月1日時点で年金を受給されていて、要件を満たす方には日本年金機構から令和元年9月に請求書が届きますので、届きしだい請求(郵送)してください。
  • 平成31年4月2日以降に年金の受給を始める方は、年金の裁定請求手続きを行う際に、給付金認定請求の手続きを行ってください。
  • 請求が遅れると受給できない月が発生する可能性があります。
  • 初回の支払いは令和元年12月中旬となります。

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 65歳以上で、老齢基礎年金を受けている。
  2. 請求する方の世帯全員の市町村民税が非課税となっている。
  3. 前年の公的年金等の収入額とその他の所得額の合計が879,300円以下である。

給付額

5,000円(月額)を基準に、保険料納付済期間、免除期間等に応じて算出されます。

障害年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 障害基礎年金を受けている。
  2. 前年の所得が、「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」以下である。

給付額

障害等級により次のとおりです。

  • 障害等級2級 5,000円(月額)
  • 障害等級1級 6,250円(月額)

遺族年金生活者支援給付金

支給要件

以下の支給要件をすべて満たしている方が対象となります。

  1. 遺族基礎年金を受けている。
  2. 前年の所得が、「4,621,000円+扶養親族の数×38万円」以下である。

給付額

5,000円(月額)

日本年金機構ホームページ(別ウインドウで開く)<外部リンク>