ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 生涯学習課 > 人権問題啓発用視聴覚教材の貸出について

本文

人権問題啓発用視聴覚教材の貸出について

印刷ページ表示 更新日:2021年6月7日更新 <外部リンク>

本市では、市民の皆さんにさまざまな人権問題について知っていただくため、多くの視聴覚教材(VHS・DVD等)の貸出を無料で行っています。
学校・地域・職場等で、ぜひご活用ください。

人権問題啓発用視聴覚教材一覧

本市では「人権問題啓発用視聴覚教材一覧」を作成して、教材の借り方や種類(VHS・DVD等)、内容等を掲載しています。
一覧は、下記よりダウンロードすることができます(A4・39ページ)。利用方法がわからない場合等は、生涯学習課までお問い合わせください。

令和3年(2021年)度 人権啓発用視聴覚教材一覧

令和3年(2021年)度 人権啓発用視聴覚教材一覧 [PDFファイル/1.84MB]

貸出受付・返却

  • 貸出場所・・・宇治市生涯学習センター2階
  • 貸出期間・・・1週間

令和2年(2020年)度 新規教材 ※すべてDVD

令和2年(2020年)度に追加された視聴覚教材を紹介しています。

令和2年(2020年)度 新規教材 ※すべてDVD
題名 時間 内容 分野

いじめ「考え、議論する道徳」
小学校の児童・教職員向け

17分

学校の日常生活で起こり得るシーンを、短いドラマにした2作品。ドラマを見た児童たちが考え、議論する事ができます。また、「解説」では教職員に向けた指導のポイントを、いじめについての研究者・藤川教授が詳しく解説しています (字幕版選択可)。
第1 ふざけただけだよ+解説
第2話 散らかったつくえ+解説

子どもの人権

ハンセン病問題を知る
~元患者と家族の思い~

34分

隔離政策によって偏見や差別に苦しみながら生きてきた、ハンセン病元患者やその家族のエピソードをアニメーション化し、国立ハンセン病資料館学芸員による解説とともに収録しています。ハンセン病についての正しい知識や歴史、そして近年の動向など、ハンセン病に関する理解を深めるとともに、偏見や差別のない社会の実現について考えるためのDVDです。
(日本語字幕付・副音声入り・活用の手引き付)

患者等の人権

ハンセン病回復者からのメッセージ

2本組
各30分

国の誤った隔離政策で深刻な差別を受けた、ハンセン病回復者とその家族の貴重な証言記録です(日本語字幕付き)。
◆家族・親族への思い~ハンセン病回復者からのメッセージ~
◆ハンセン病療養所で受けた私の被害-断種・堕胎-

患者等の人権
ずっと助けてと叫んでた 63分

家の中での出来事は、絶対外に漏らしてはいけない。少女は「母を守るために」実父の性的虐待に耐えた。
誰にも言えないまま10代から20代にかけて、自傷行為、摂食障害、援助交際、暴力団からの売春の強要、薬物依存、ホームレス、レイプと過酷な経験を重ねた。
サバイバルほしおか十色さんと支援者の証言で構成された本作品は、被害の実態を知り、支援のあり方を探るドキュメンタリーとなっています。

子どもの人権
ねずみくんのチョッキ(1) 38分

人気絵本のアニメシリーズ第1巻。お母さんが編んでくれた赤いチョッキが自慢のねずみくん。ところがお友だちの動物たちが次々と試着したため、小さいチョッキはぐんぐん伸びていき…。
第1 ねずみくんのチョッキ
第2 りんごがたべたいねずみくん
第3 コップをわったねずみくん
第4 また!ねずみくんのチョッキ
第5 ねずみくんとぶらんこ
第6話 ねみちゃんとねずみくん

さまざまな人権問題

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)