ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 障害福祉課 > 自立支援医療費(精神通院)について

本文

自立支援医療費(精神通院)について

印刷ページ表示 更新日:2020年4月22日更新 <外部リンク>

 精神疾患の通院治療を、定期的に継続的に受ける場合、指定医療機関、指定薬局、指定訪問看護ステーション等に係る医療費が助成されます。

申請後、有効期間は1年間となるため、更新申請は1年ごとに必要です。(更新案内はありません)

給付の対象者

 指定医療機関にて継続的・集中的な治療を要する精神的疾患、病状をもつ方。

(例) 統合失調症,躁うつ病・うつ病,てんかん,認知症等の脳機能障害,薬物関連障害(依存症)など。

給付対象となる医療

 精神科診察代,治療に要する検査代(入院費用は対象外),薬代,(精神)訪問看護,(精神)デイケア,(精神)検査 など

自己負担額

 精神疾患の治療にかかる通院医療費等が原則1割の自己負担額になります。受診者が属する世帯の市町村民税額等に応じて

負担軽減措置(月額負担上限額の設定)があります。詳しくは、宇治市役所障害福祉課までお問い合わせください。

必要となる書類

新規・更新申請(書類一式は、宇治市障害福祉課にもあります)

(以下の1~4)申請者はすべて申請してください。郵送による手続きも可能です。

(提出するもの)

  1. 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  2. 自立支援医療費(精神通院)支給認定に係る同意書
  3. 診断書(自立支援医療[精神通院医療用])
    医師が作成したもので、診断書作成日から3ヶ月以内のもの。
    (新規の場合)診断書の提出が必要です。
    (更新の場合)2年に1度、診断書提出が必要です。お手持ちの受給者証の備考欄をご確認ください。
    (精神障害者保健福祉手帳との同時申請をする場合)精神障害者保健福祉手帳用の診断書の提出が必要です。
  4. 保険証の写し
    申請者(受診者)が加入している健康保険証の写しが必要です。記号、番号、保険者名がわかる部分と、同一保険に加入している被保険者(家族)の方すべてが記載されている部分の写しをご用意ください。
    ※だたし、生活保護受給者の方は、生活保護の受給証明書をご提出ください。

(お持ちいただくもの)

  1. 申請者のマイナンバー(個人番号)が確認ができるもの(障害者福祉の「お知らせ」を参照してください)

ただし、同一保険に加入している被保険者(家族)がいる場合は、その家族全員のマイナンバー(個人番号)の確認が必要です。

(以下の5~6)該当する方のみ提出してください

  1. 「障害年金、遺族年金等」「特別児童扶養手当等」の証書、払込通知書の写し
    申請者の世帯が市町村民税非課税世帯の場合、申請者の収入額の確認の為、添付が必要です。
    また、障害年金1級証書をお持ちの方は、提出が必要です。
  2. 市町村民税の課税状況等がわかる証明書(マイナンバー(個人番号)が確認できない場合)
    申請される年の1月1日現在(1月~6月の申請は申請年の前年の1月1日現在)で医療保険制度の保険料の算定対象となっている被保険者(家族)の住民票登録地が宇治市以外の場合に必要です。
    ※市町村民税等の申告をされておらず課税・非課税の確認がとれない場合、所得区分が「一定以上」となります。
    未申告の方は申告をいただいた上で、課税状況等がわかる証明書の提出が必要です。
申請書類等

内容変更申請(書類一式は、宇治市障害福祉課にもあります)

保険証の変更

 保険証の変更があった場合は、新しい保険証ができ次第、なるべく早く宇治市役所障害福祉課にて手続きを行ってください。

郵送による手続きも可能です。 

 ※生活保護受給者の方が、保険証を取得されたときも同様の手続きが必要です。

(提出するもの)

  1. 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  2. 新しく発行された保険証の写し

(お持ちいただくもの)

  1. 申請者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(障害者福祉の「お知らせ」を確認してください)

ただし、同一保険に加入している被保険者(家族)がいる場合は、その家族全員のマイナンバー(個人番号)の確認が必要です。

医療機関・薬局・訪問看護の変更

 受診する医療機関や薬局、訪問看護ステーション等を変更する場合、変更前に宇治市役所障害福祉課にて手続きを行ってください。郵送による手続きも可能です。

(提出するもの)

  1. 自立支援医療受給者証記載事項変更届(精神通院)

(お持ちいただくもの)

  1. 申請者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(障害者福祉の「お知らせ」を参照してください)

居住地の変更

1.本市から他市町村へ転出する場合

(1)宇治市内に転居する場合

宇治市役所障害福祉課にて、変更手続きを行ってください。郵送による手続きも可能です。

(提出するもの)

自立支援医療受給者証等記載事項変更届(精神通院)

(お持ちいただくもの)

申請者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(障害者福祉の「お知らせ」を参照してください)

(2)京都府内または京都府外へ転出する場合

新しい居住地の市町村に、既に発行されている「自立支援医療受給者証(精神通院)」を持っていき、変更手続きを行ってください。

詳しくは、新しい居住地の市町村にお問い合わせください。本市への手続きは必要ありません。

2.他市町村から本市へ転入する場合

宇治市役所障害福祉課にて、変更手続きを行ってください。

(提出するもの)

  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書
  • (転入者用)同意書 ※押印が必要です。
  • 自立支援医療費(精神通院)支給認定に係る同意書
  • 保険証の写し
  • 既に発行されている「自立支援医療(精神通院)受給者証」を持ってきてください。

(お持ちいただくもの)

申請者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(障害者福祉の「お知らせ」を参照してください)

ただし、同一保険に介入している被保険者(家族)がいる場合は、その家族全員のマイナンバー(個人番号)の確認が必要です。

氏名変更

 自立支援医療(精神通院)受給者証の作り替えが必要です。

(提出するもの)

自立支援医療受給者証等記載事項変更届(精神通院

(お持ちいただくもの)

申請者のマイナンバー(個人情報)が確認できるもの(障害者福祉の「お知らせ」を参照してください)

再交付

 紛失または破損した場合

(提出するもの)

自立支援医療費(精神通院)支給認定申請書

(お持ちいただくもの)

申請者のマイナンバー(個人番号)が確認できるもの(障害者福祉の「お知らせ」を参照してください)

申請書類等

指定自立支援医療機関・薬局・訪問看護ステーション

指定医療機関、指定薬局、指定訪問看護ステーションの一覧<外部リンク>です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)