ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民税課 > 昨年に比べ税額があがったのですが・・・

本文

昨年に比べ税額があがったのですが・・・

印刷ページ表示 更新日:2020年1月31日更新 <外部リンク>

私は年金生活を送っているのですが、税務署で確定申告不要といわれたために所得税の申告をしないでいたところ、今年度の市民税・府民税が例年に比べて大変高額になっていました。これはどういうわけでしょうか?

回答

公的年金等の収入金額の合計が400万円以下で、かつ、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合は確定申告を省略することができます。しかし、公的年金の源泉徴収票に記載されていない所得控除等を市民税・府民税に適用させるためには、市民税・府民税の申告が必要となります。その所得控除を申告していなかったため税額が昨年に比べて高額になったものと思われます。なお、所得税が還付になる等の理由で確定申告をされた場合は、市民税・府民税の申告は必要ありません。