ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民税課 > 扶養の要件について

本文

扶養の要件について

印刷ページ表示 更新日:2020年1月31日更新 <外部リンク>

回答

被扶養者の種類には一般控除対象配偶者、老人控除対象配偶者、一般扶養親族、特定扶養親族、老人扶養親族があります。いずれにも共通する要件は、扶養者と生計を一にする親族で合計所得金額が38万円以下であることです。所得38万円とは、給与収入になおすと103万円になります。
給与収入が100万円を超えると市民税・府民税が課税されますが、103万円以下であれば、扶養者が配偶者控除または扶養控除を受けることができます。