ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境企画課 > 緑のカーテンとは?|地球温暖化

本文

緑のカーテンとは?|地球温暖化

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

緑のカーテンとは?地球温暖化

緑のカーテンとは・・・ゴーヤなどのつる性植物を日の差し込む窓の外側に植え付けてカーテン状に育てたもののことです。簾を設置するのもいいですが、植物でカーテンを作ると直射日光を遮るだけでなく、葉の蒸散作用によって部屋の温度上昇を抑えることができるので、暑い夏場でもエアコンの使用を控えて過ごすことができます。また、緑のカーテンは、見た目にも涼しく、育成の楽しさも味わえます。

宇治市では、「緑のカーテン」を推進し、平成20年度より市施設に「緑のカーテン」の設置を行っています。

生涯学習センターでの緑のカーテン
生涯学習センター

リュウキュウアサガオの花の写真
リュウキュウアサガオの花

緑のカーテン内にできたゴーヤ
ゴーヤ

緑のカーテン講習会

宇治市では、緑のカーテン講習会を推進するため、毎年4月末~5月初めにかけて「緑のカーテン講習会」を実施しています。

ecoット宇治みどりのまちづくり推進グループの皆さんが、実演を交えて、楽しく、わかりやすく教えてくださいます。

ご参加いただいた方には、ゴーヤの苗2本をプレゼントしています。

詳しくは、4月初旬の市政だよりをご覧ください。

緑のカーテン講習会の様子

緑のカーテンコンテスト

本市では、緑のカーテン事業の一環として、緑のカーテンコンテストを実施しています。

毎年7月から8月にかけて作品を募集していますので、ふるってご参加ください。

部門…一般部門、事業部部門

表彰内容…市長賞、(公財)公園公社理事長賞、宇治市植物公園長賞、審査員特別賞 ほか

緑のカーテンコンテストちらし

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)