ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 環境企画課 > 合葬式墓地

本文

合葬式墓地

印刷ページ表示 更新日:2021年4月1日更新 <外部リンク>

合葬式墓地

宇治市天ケ瀬墓地公園内に合葬式墓地が完成しました。
令和3年7月1日から受付を開始します。(随時募集)
合葬式墓地 全景

合葬式墓地とは

合葬式墓地とは、複数の焼骨を合同で埋蔵することを目的としたお墓です。
近年の都市化、少子高齢化といった社会情勢の変化の中、宇治市の合葬式墓地は、お墓を継ぐ者がいない方でも安心して使用することができること、墓地の維持管理に関する経済的負担を軽減する役割を担うことを目的としています。
合葬式墓地では、直接合葬室への埋蔵、最初から直接埋蔵することに抵抗がある方向けに一定の期間個別安置室で埋蔵したのちに合葬室へ埋蔵する方法と選択ができます。

施設概要

 名   称:合葬式墓地
 施設規模:合葬室     7,500体
       :個別安置室  1,500体
       :記名板     5,000体
       参拝スペース、モニュメント、献花台、記名板を設置
モニュメント、献花台

合葬室とは

焼骨を専用の納骨袋に納めて合同で埋蔵します。
※合葬室への立ち入りはできません。
合葬室

個別安置室とは

最大1,500体の焼骨を個別に埋蔵します。
個別安置期間は、10年間または20年間です。
個別安置期間は、使用許可日からの年数であり、個別安置後からの使用年数ではありません。
※個別安置室への立ち入りはできません。
個別安置室

記名板(希望制)とは

合葬式墓地に埋蔵された故人の氏名、生年月日、死亡年月日を刻字することができます。
記名は、埋蔵後となり、生前の記名はできません。
※氏名の刻字は漢字、カタカナ、ひらがな、アルファベットのみの対応となります。
記名板

合葬式墓地を申し込みできる方

次のいずれかに該当する方です。(申請者が宇治市民の方か、宇治市民以外の方かは問いません)
(1)焼骨を所有している方
  ・合葬式墓地に親族の焼骨を埋蔵しようとする方
  ※親族とは、6親等以内の血族、配偶者、3親等以内の姻族の関係にある方
  ・他の墓地等に埋蔵若しくは収蔵した焼骨を所有している方(合葬式墓地への改葬)

(2)生前予約の方
  ・自己の死後、焼骨を合葬式墓地へ埋蔵することを希望する65歳以上の方

合葬式墓地使用料について

施設の区分

金額(1体につき)

市民※2

市民以外※2

合葬室へ直接埋蔵

55,000円

82,500円

10年間個別安置後に合葬室へ埋蔵※1

110,000円

165,000円

20年間個別安置後に合葬室へ埋蔵※1

165,000円

247,500円

記名板

55,000円

82,500円

 

※1 個別安置期間は、使用許可日からの年数であり、個別安置後からの使用年数ではありません。

※2 金額は申請者が「市民」か「市民以外」で決まります。 「市民」とは、許可の申請の際に申請者が本市に住所を有するもの(本市が備える住民基本台帳に記録されている者をいう。)である場合をいい、「市民以外」とは、それ以外の場合をいう。

パンフレット配付

5月下旬から環境企画課、天ケ瀬墓地公園管理事務所、各行政サービスコーナーにて配付を予定しています。

現地見学会について

下記の日時において、合葬式墓地及び合葬式墓地内の見学会を開催します。(雨天決行、荒天中止) 

年月日

時間

令和3年5月16日(日曜日)

10時~15時

令和3年5月28日(金曜日)

令和3年6月 5日(土曜日)

令和3年6月13日(日曜日)

令和3年6月16日(水曜日)

※供用開始後は合葬式墓地の施設の中に一切立ち入ることができませんのでこの機会にご見学ください。 

見学会の持ち物・・・スリッパ等の上履き、受付票(忘れた場合などは、現地にて記入していただきます。)

当日は
・マスクの着用
・受付票の記入
・手指等の消毒
・スリッパ等の上履き持参
にご協力ください。
※送迎バス等の準備はしておりませんので、ご自身で直接ご来場ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)