ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 営業課 > 低所得者への上下水道料金の軽減制度があります

本文

低所得者への上下水道料金の軽減制度があります

印刷ページ表示 更新日:2020年5月1日更新 <外部リンク>

所得の低い世帯を対象とした上下水道料金を軽減する制度があります。

対象…同居者全員(世帯分離の世帯人数を含む)の前年の所得額(申請年度の住民税課税証明書における所得)の合算が下記の認定基準額以下の世帯。

(認定基準額は毎年見直しがあります。)

低所得者用認定基準額【令和2年度用】
世帯人数 基準額

1人

452,000円
2人 944,000円
3人 1,595,000円
4人 1,836,000円

※1 5人以上の場合には、4人世帯の基準額に1人につき218,000円を加算した額となります。

※2 申請に対する審査の結果については、後日に認定(不認定)通知をお送りいたします。

認定を受けるには…

所定の申請書を上下水道部営業課へ(押印が必要)

ただし、転入等により、所得情報が宇治市にない方、申請書の記載内容(所得情報を閲覧することなど)に同意されない方は、住民税課税証明書等の提出が必要になります。

なお、申請時点で生活保護を受給中、または生活保護を申請中の場合はその旨を申し出てください。

認定期間

偶数月に検針をしている地区(東地区) :令和2年度3期分(8月検針)~令和3年度2期分(6月検針)

奇数月に検針をしている地区(西地区) :令和2年度2期分(7月検針)~令和3年度1期分(5月検針)

※ 認定期間中に転居される場合には、必ず「現在、低所得者用の認定を受けている。」と申し出てください。転居先にて再度申請が必要です。

令和2年度低所得者用認定について

 

納付相談

※低所得者用途の認定対象外となった場合でも、生活の困窮により上下水道料金のお支払いが困難な場合は下記までご相談ください。状況により分納等の相談に応じます。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)