ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 後期高齢者医療制度 傷病手当金の支給(新型コロナウイルス感染症関連)

本文

後期高齢者医療制度 傷病手当金の支給(新型コロナウイルス感染症関連)

印刷ページ表示 更新日:2020年5月8日更新 <外部リンク>

制度の概要

京都府後期高齢者医療被保険者が、新型コロナウイルス感染症に感染した、または発熱等の症状があり感染が疑われる場合、その療養のために労務に服することができなかった期間について傷病手当金を支給します。ただし、休職中に就業先から給与等の支給がある場合、傷病手当金の全部または一部の支給が制限されることがあります。

支給要件

対象者

次の4つの条件をすべて満たす方

1)給与の支払いを受けており、京都府後期高齢者医療被保険者であること。

2)新型コロナウイルス感染症に感染、または発熱等の症状があり感染が疑われることにより、療養のため労務に服することができなくなったこと。

3)3日連続して仕事を休み、4日目以降にも休んだ日があり、4日目が令和2年1月1日から令和2年9月30日までの間に属すること。

4)給与等の支払いを受けられないか、一部減額されて支払われていること。

支給対象期間

労務に服することができなくなった日から起算して3日を経過した日からその労務に服することができない期間のうち、就労を予定していた日(最長1年6ヶ月)

支給額

(直近の継続した3ヶ月間の給与収入の合計額÷就労日数)×2/3×支給対象となる日数

(注1)給与等を受けた場合は支給対象外。(受けることができる給与収入の額が、算定される傷病手当金の額より小さいときは、その差額を支給します。)

(注2)支給額には上限額があります。

申請方法

必要書類

申請先

宇治市役所年金医療課へ申請してください。

新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、原則、郵送での申請をお願いします。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長からのメッセージ
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置