このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 令和2年度 高齢者用肺炎球菌予防接種ワクチン予防接種高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種

本文

令和2年度 高齢者用肺炎球菌予防接種ワクチン予防接種高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種

印刷ページ表示 更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

令和2年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

肺炎は日本人の死因の第3位であり、さまざまな病原体により発症します。このうち、高齢者の肺炎の中で最も多い「肺炎球菌<外部リンク>」による肺炎の発病防止や重症化防止のための予防接種です。この予防接種は接種の義務はないため、本人が希望する場合にのみ定期接種として接種できます。

※厚生労働省の決定により、これまで「平成31(2019)年度以降は65歳のみ」とされていた対象者が「70歳以上で肺炎球菌ワクチン(23価)の予防接種を接種したことのない対象者も含める。」に変わりました。

対象者

対象者には個別に接種券が郵送されています。ご確認ください。

※ただし、過去に肺炎球菌ワクチン(23価)の接種を受けたことのある人は接種できません。

※定期接種として接種できるのは今回限りです。

特に5年以内の再接種は、初回接種よりも注射した部位が硬くなる・痛む・赤くなるなどの副反応が強くでると報告されています。また、接種から5年以上経過した場合にも、このような副反応がでることがあります。

【次のすべてに該当する宇治市民】

  • 過去に肺炎球菌ワクチン(23価)の予防接種を受けたことがない人。
  • (1)の表もしくは(2)に該当する人。
  1. 令和2年度 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種 対象者表
    年度末年齢 生年月日
    65歳 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日生の人
    70歳 昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生の人
    75歳 昭和20年4月2日~昭和21年4月1日生の人
    80歳 昭和15年4月2日~昭和16年4月1日生の人
    85歳 昭和10年4月2日~昭和11年4月1日生の人
    90歳 昭和5年4月2日~昭和6年4月1日生の人
    95歳 大正14年4月2日~大正15年4月1日生の人
    100歳 大正9年4月2日~大正10年4月1日生の人
  2. 満60歳以上65歳未満で、心臓・腎臓または呼吸器の機能障害で極度に日常生活が制限されている人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に介助なしでは日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する人。

    ※(2)に該当する人は申請が必要です。高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種接種券・予診票を送付しますので、かかりつけ医に確認後、健康生きがい課へお問い合わせください。

  3. ※免疫機能の異常など、長期にわたり療養を必要とする疾患等により、接種対象期間に定期接種を受けられなかった人には特例制度がありますので、健康生きがい課までお問い合わせください。

接種期間

令和2年4月1日(水曜日)~令和3年3月31日(水曜日)

接種回数

実施期間中 1人1回

※定期接種として接種できるのは1人1回限りです。

接種費用

自己負担金 2,500円

自己負担金免除制度があります

接種費用(2,500円)が無料になる制度です。

対象者

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種の対象者で、次のいずれかに該当する人。

  • 生活保護世帯
  • 市民税非課税世帯
  • 中国残留邦人等支援給付世帯

上記の免除対象に該当される人は、必ず接種前に申請をしてください。

申請方法

接種前に、接種券に同封されている「高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種自己負担金免除申請書」に必要事項を記入し、押印の上、郵送か直接、宇治市役所健康生きがい課(〒611-8501 住所省略可)へ。

また令和3年3月12日(金曜日)まで行政サービスコーナー、コミュニティワークこはた館・うじ館、玉池集会所でも取り次ぎをします。

確認後、自己負担金免除者用予診票を送付します。自己負担金免除者用予診票の発行には10日から2週間程度かかるため、余裕を持って申請してください。

※接種後に免除申請をしても返金できません。

接種場所

医療機関によっては予約が必要な場合があります。必ず事前に接種予定医療機関へお問い合わせください。

宇治市・城陽市・久御山町協力医療機関一覧

宇治市・城陽市・久御山町協力医療機関一覧 [PDFファイル/189KB]

京都市伏見区協力医療機関一覧

京都市伏見区協力医療機関一覧 [PDFファイル/149KB]

協力医療機関以外の医療機関でも接種できます(接種前、接種後と申請が2回必要です)

協力医療機関以外の医療機関で高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種を受ける人は、接種前に健康生きがい課で「予防接種実施依頼書」の交付手続きをしてください。

費用

全額立替払いになります。

後日、接種費用の払い戻し手続きをしてください。払い戻しの費用には、限度額があります。詳しくは健康生きがい課へお問い合わせください。

申請方法

協力医療機関以外の医療機関で接種される人は、必ず接種前に手続きをしてください

「予防接種依頼書交付申請書」に記入し、郵送か直接、宇治市役所健康生きがい課(〒611ー8501 住所省略可)へ提出してください。後日、「予防接種実施依頼書」をお送りします。

予防接種依頼書交付申請書

予防接種依頼書交付申請書 [PDFファイル/96KB]

払い戻し方法

締切日の令和3年4月2日(金曜日)までに、下記の書類を健康生きがい課へ提出してください。

※締め切り日以降はお支払いできませんのでご注意ください。

  • 予防接種費用請求書
  • 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種接種券
  • 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種予診票(写し可)
  • 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種の接種料金が分かる領収書

予防接種費用請求書には本人名義の銀行等の口座番号(振込先)の記載と、印かんの押印欄があります。

本人名義以外の口座へ振り込む場合は上記4点の他に委任状が必要です。

上記の払い戻しに必要な書類は、予防接種依頼書交付申請時にお渡しします。

接種方法

協力医療機関で接種する場合

自己負担金が必要な人
1.予約 医療機関へ直接お問い合わせください。
2.持ち物 接種券、保険証等(本人確認ができるもの)
3.接種費用 2,500円
自己負担金免除対象の人 ※事前に手続きが必要です
1.申請

接種前に接種券に同封されている「自己負担金免除申請書」で申請をしてください。

自己負担金免除者用予診票をお送りします。

2.予約 医療機関へ直接お問い合わせください。
3.持ち物 接種券、自己負担金免除者用予診票、保険証等(本人確認ができるもの)
4.接種費用 無料

協力医用機関以外で接種する場合

※事前に手続きが必要です
1.申請

接種前に「予防接種依頼書交付申請書」を健康生きがい課に提出してください。

「予防接種実施依頼書」等必要な書類をお渡しします。

2.予約 医療機関へ直接お問い合わせください。
3.持ち物

予防接種実施依頼書、予診票、保険証等(本人確認ができるもの)

4.接種費用

接種費用全額を医療機関にお支払いください。

この時必ず「領収書」「予診票」をもらってください。

※領収書には肺炎球菌ワクチンを接種したことが分かるように明記が必要です。

5.請求

接種後に市の窓口で接種費用の還付請求をしてください。

持ち物:高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種接種券

予防接種費用請求書

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種予診票 (写し可)

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種の接種料金が分かる領収書

※予防接種請求書には本人の銀行等の口座番号(振込先)の記載と、印かんの押印欄があります。

※本人以外の口座へ振込を希望される場合は、上記4点の他に委任状が必要です。

接種に関しての注意事項

予防接種による副反応が疑われた場合

予防接種後に、接種部位の異常反応や体調の変化、さらに高熱、けいれん等の異常な症状が起こった場合は、必ず接種医またはかかりつけ医を受診してください。医師は、予防接種による副反応を確認したら、法律により厚生労働省に報告します。

予防接種を受けたご本人やご家族の方から、接種後に発生した健康被害に関して報告することもできますので、健康被害を疑うような症状がございましたら、健康生きがい課へご相談ください。

※予防接種による健康被害が発生した時の救済制度(厚生労働省ホームページ<外部リンク>)があります。

接種券の再交付について

接種券を紛失・滅失された場合、宇治市に転入された場合、宇治市内で転居された場合などは接種券交付申請書をご提出の上、接種券の交付(再交付)を受けてください。

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種接種券交付申請書

高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種接種券交付申請書 [PDFファイル/96KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family