このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 令和4年度 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

本文

令和4年度 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

印刷ページ表示 更新日:2022年6月1日更新 <外部リンク>

令和4年度 高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種について

  肺炎は日本人の死因の第3位で、その95%が65歳以上で占めています。日常にかかる肺炎で最も多い原因菌が「肺炎球菌」とされ、すべての肺炎を予防できるワクチンではありませんが、肺炎や肺炎の重症化を予防するのに効果があるといわれています。ワクチンの効果は健康な人で少なくとも5年間は持続するとされています。

 対象年齢かつ本市にワクチン接種歴がない方には、事前に接種券を郵送しています。

 接種を希望される方は、ワクチンの有効性と接種による副反応を十分にご理解いただいたうえで、接種を希望される場合は医療機関に問い合わせのうえ、接種を行ってください。その際、接種券が必ず必要となりますので忘れずにご持参ください。

1.対象者

  1)宇治市に住民登録がある人

  2)過去に肺炎球菌ワクチン(23価)の予防接種を一度も受けたことがない人

  3)(1)の対象年齢該当者もしくは(2)に該当する人

   (1)対象者(年齢確認表)

 対照表

   (2)60歳以上65歳未満の人で、心臓、腎臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限さ
   れる程度の障害を有する人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度
   の障害を有する人。  

   ※免疫機能の異常など、長期にわたり療養を必要とする疾患等により、接種対象期間に定期接種を受けられ
   なかった人には特例制度があります。詳細につきましては、健康づくり推進課にお問い合わせください。

2.接種期間

    令和4年6月1日(水)~令和5年3月31日(金)

3.接種回数

    1回

    ※定期接種として接種できるのは今年度限りです。

    ※過去に一度でも肺炎球菌ワクチン(23価)の予防接種を受けたことがある人は対象になりません。

4.接種場所  

    宇治市・城陽市・久御山町協力医療機関 [Excelファイル/27KB]

    京都市協力医療機関 [Excelファイル/28KB]

    ※医療機関によっては予約が必要な場合がありますので、必ず事前に接種予定医療機関にお問い合わせ
     ください。

~協力医療機関以外での接種を希望する場合~

    1)「予防接種依頼書」が必要ですので、事前に健康づくり推進課に申請してください。

     ○予防接種依頼書申請書 申請書 [PDFファイル/62KB]  申請書 [Wordファイル/14KB]

 

    2)接種費用は接種される医療機関に全額お支払いいただき、接種後に償還払いの申請をしてください。

     【必要書類】

     ○予防接種費用請求書  請求書 [PDFファイル/114KB]  請求書 [Wordファイル/46KB]

      ※請求書に本人名義の振込先銀行口座の記入が必要です。

     ○委任状 ※本人(申請者)の口座以外への振込みを希望する場合のみ必要 

        委任状 [PDFファイル/94KB]  委任状 [Wordファイル/17KB]

     ○令和4年度高齢者用肺炎球菌ワクチン予防接種 接種券

     ○予診票(写し可)

     ○領収書 

      ※接種者氏名、医療機関名、接種金額が記載され、かつ領収印が押されているものに限ります。

5.接種費用

    2,500円

    ※下記のいずれかに該当する場合は、事前に申請することで接種費用が無料になります

      (接種後の申請はできません。)

     ○生活保護世帯

     ○市民税非課税世帯

     ○中国残留邦人等支援給付世帯

6.接種に必要なもの

    ○接種券

      ※令和4年5月末に対象者の方には事前に郵送しています。

      ※ お手元にない場合は再発行の手続きが必要ですので、健康づくり推進課にお問い合わせください。

    ○健康保険証

    ○予診票(免除申請があった方のみ)

7.予防接種による副反応が疑われた場合

  予防接種後に、接種部位の異常反応や体調の変化等がみられた場合は、接種医またはかかりつけ医を受診し
 てください。診察した医師は予防接種による副反応を確認した場合、法律により厚生労働省に報告します。予防接
 種をうけた本人からも接種後に発生した健康被害に関して報告することができますので、健康被害を疑うような症
 状がございましたら健康づくり推進課にご相談ください。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family