このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

肝炎ウイルス検診のご案内

印刷ページ表示 更新日:2022年9月12日更新 <外部リンク>

  B型とC型の肝炎を調べる検診です。肝炎は、感染しても自覚症状がないことがあり、感染者の約半数は、感染原因が不明です。肝臓は、沈黙の臓器と呼ばれ、感染しても自覚症状がないことがあり、気づかないうちに病気が進行していることがあります。感染した状態を放置すると慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行する場合があります。早期発見をして治療をすることで、病気の進行を防止することができ、インターフェロン等の治療によって、完治が期待できるようになりました。

1.受診できる協力医療機関(令和4年度)

宇治市・城陽市・久御山町の協力医療機関(市への事前申請が必要です)

2.対象者

 以下のすべてに該当する方

  1)宇治市に住民票がある方  

  2)40歳以上(令和5年3月31日までに40歳になる人を含む)の人のうち、今までに肝炎の治療や検診を受けたことがない方

 

※40歳、50歳、60歳の人(受診が確認できた人は除く)には無料の個別案内を送付しています。

詳細はこちらから → 肝炎ウイルス検診の個別案内について

3.検診内容

 問診・血液検査(HBs抗原検査・HCV抗体検査)

  ★HBs抗原検査とは・・・B型肝炎ウイルス検査です。

  ★HCV抗体検査とは・・・C肝炎ウイルス検査です。

4.受診方法

市への事前申請を行い、専用の予診票が届いたら、宇治市・城陽市・久御山町の協力医療機関に事前予約をして、協力医療機関にて受診してください。

(持っていくもの)健康保険被保険者証

申請はこちらから → がん検診特例等申込

5.実施期間

令和4年6月1日(水曜日)~令和4年10月31日(月曜日)

★ご注意ください

  *実施期間最終月の10月は混雑が予想されます。早めの受診をお勧めします。                                           

  *新型コロナウイルス感染症の予防対策として、完全予約制にされる医療機関もあります。

    受診を予定されている方は、早めに医療機関に予約状況を確認のうえ、受診するようにしてください。

6.自己負担金

 700円

 ただし、受診日に75歳以上の方(事前申請不要)、自己負担金免除者(★事前申請要)は無料

7.自己負担金免除者申請★

以下の条件に該当する人は、事前申請により、自己負担金が無料になります。 自己負担金免除申請

  1. 市民税非課税世帯の人
  2. 生活保護世帯の人
  3. 中国残留邦人等の支援給付世帯の人

family