このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 宇治市介護予防安心住まい推進事業

本文

宇治市介護予防安心住まい推進事業

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

宇治市介護予防安心住まい推進事業とは

介護保険の認定を受けていない65歳以上の高齢者を対象に、住宅の改修工事に要した費用の一部を助成し、生活機能の維持・向上や転倒事故の防止を図ることで、住み慣れた自宅での生活を支援します。

対象となる方(以下の要件をすべて満たす方)

  1. 自宅で生活をしている65歳以上の高齢者
  2. 介護保険の認定を受けていない方(認定申請中の方も対象外)
  3. 安心住まいチェックリストにおいて、運動器の機能低下があると認められる方
  4. 居住する住宅が宇治市内にあり、住民登録をしている方
  5. 対象となる高齢者を含め、世帯の構成員全員が市民税非課税

対象となる住宅改修工事

  1. 手すりの取付け工事
  2. 段差の改修工事
  3. 滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更工事
  4. 引き戸等への扉の取替え工事
  5. 洋式便器等への便器の取替え工事
  6. その他、(1)~(5)の住宅改修工事に付帯して必要となる工事

助成金額

助成対象工事に要した費用の総額に3分の2を乗じた額または16万円のいずれか低い方の額とします。

※助成は、対象世帯1世帯につき1回です。助成金額が16万円に満たない場合であっても、差額分の利用申請はできません。

※助成を受ける場合は、必ず工事着工前に助成金交付申請書を提出してください。

申請書などのダウンロードはこちらから

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family