このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 令和2年度風しんのクーポン券を送付しました(成人男性の風しん抗体検査・予防接種)

本文

令和2年度風しんのクーポン券を送付しました(成人男性の風しん抗体検査・予防接種)

印刷ページ表示 更新日:2020年4月1日更新 <外部リンク>

風しんの追加的対策について

 風しんの予防接種は、現在、予防接種法に基づき公的に行われています。しかし、公的な接種を受ける機会がなかった昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性は、抗体保有率が他の世代に比べて低く(80%)なっています。

 そのため、2022年3月31日までの3年間に限り、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を風しんの定期接種の対象者とし、クーポン券を送付します。

 対象者の方には、送付するクーポン券を使用して、まず抗体検査を受けていただき、抗体検査の結果、十分な量の抗体がない(陰性)方は、定期接種の対象となります。

風しん抗体検査対象者

 宇治市民の方で、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

 ※以下に該当する方は、今回改めて風しんの抗体検査を行う必要はありません。

  • 平成26年4月以降に風しんの抗体検査を受け、結果が「陽性」であった方または「陰性」の記録がある方
  • 風しんの予防接種を受けたことがあり、その記録がある方(MRやMMRなどの混合ワクチンも含みます)
  • 過去に風しんにかかったことが明らかな方

令和2年度 抗体検査・予防接種無料クーポン券送付対象者

昭和41年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性のうち、令和元年度抗体検査未受診者に対して、3月末にクーポン券を送付しました。

※昭和37年4月2日から昭和41年4月1日の間に生まれた男性の方でも、抗体検査を希望される方は、健康生きがい課へ申請していただければクーポン券を発行することができます。直接お問い合わせいただくか、下記の申請書をダウンロードしていただき、健康生きがい課へ提出(郵送もしくは窓口へ)してください。

検査内容

風しん抗体検査(血液検査)

※結果については後日、検査を受けた医療機関より説明を受けてください。

検査費用

無料

実施方法

市から送られるクーポン券・免許証等の本人確認ができるものを持ち、必ず事前に医療機関に予約をしてから検査を受けてください。

なお、今年度のクーポン券の有効期限は令和4年3月31日までの2年間です。

実施医療機関

クーポン券に同封されている実施医療機関一覧もしくは厚生労働省のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

※実施医療機関については、厚生労働省のホームページで随時更新されています。

風しん定期予防接種対象者

宇治市民の方で、昭和37年4月2日から54年4月1日の間に生まれた男性のうち、「風しんに係る抗体検査を受けた結果、十分な量の風しんの抗体がなく(※陰性)定期予防接種の対象」と医師が判断した人。

対象ワクチン

麻しん風しん混合(MR)ワクチン

予防接種費用

無料(定期予防接種のため)

実施方法

風しん抗体検査の結果(※陰性)・市から送られてくるクーポン券・免許証等の本人確認ができるものを持ってくるし、必ず事前に医療機関に予約をしてから予防接種を受けてください。

なお、今年度のクーポン券の有効期限は令和4年3月31日までの2年間です。

※陰性基準

主要な抗体検査方法

定期接種の対象となる基準

HI法

8倍以下(希釈倍率)

EIA法

6.0未満(EIA価)または15未満(国際単位(IU)/ml)

ELFA法

25未満(国際単位(IU)/ml)

LTI法

15未満(国際単位(IU)/ml)

CLEIA法

20未満(国際単位(IU)/ml)または11未満(抗体価)

FIA法

1.5未満(抗体価AI)または15未満(国際単位(IU)/ml)

実施医療機関

クーポン券に同封されている実施医療機関一覧もしくは厚生労働省のホームページ<外部リンク>をご覧ください。

※実施医療機関については、厚生労働省のホームページで随時更新されています。

接種に関しての注意事項

風しんの抗体検査及び定期予防接種クーポン券の再交付について

下記に該当する場合等は無料クーポン券の再交付が必要です。

健康生きがい課までお問い合わせください。

  • 紛失した場合
  • 住民票住所を変更した場合
  • 氏名に変更があった場合

予防接種による副反応が疑われた場合

 予防接種後に、接種部位の異常反応や体調の変化、さらに高熱、けいれん等の異常な症状が起こった場合は、必ず接種医またはかかりつけ医を受診してください。

 医師は、予防接種による副反応を確認したら、法律により厚生労働省に報告します。

 予防接種を受けたご本人やご家族の方から、接種後に発生した健康被害に関して報告することもできますので、健康被害を疑うような症状がございましたら、健康生きがい課へご相談ください。

 ※予防接種による健康被害が発生した時の救済制度(厚生労働省ホームページ<外部リンク>)があります。

風しん抗体検査・予防接種クーポン券交付申請書

風しん抗体検査・予防接種クーポン券交付申請書 [PDFファイル/169KB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family