このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 国民健康保険 令和3年度特定健康診査・特定保健指導事業の実施

本文

国民健康保険 令和3年度特定健康診査・特定保健指導事業の実施

印刷ページ表示 更新日:2021年5月13日更新 <外部リンク>

 

令和3年度特定健康診査を受診しましょう(6月~10月)

特定健診・特定保健指導とは、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した健診を行い、その結果を踏まえて、正しい生活習慣の指導などを行うものです。

 

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため以下の点についてご理解・ご協力をお願いいたします。

★マスクの着用をお願いいたします。

★期間最終月の10月は混雑が予想されます。早めの受診をご検討ください。

★新型コロナウイルス感染症の予防対策として、完全予約制にされる医療機関もあります。受診を予定されている方は、早めに医療機関に予約状況を確認のうえ、受診するようにしてください。

★以下の方は、健診受診ができない場合があります。受診前に各医療機関へ相談してください。

 ○いわゆる風邪症状が持続している

 ○2週間以内に発熱した

 ○咳・呼吸困難・全身倦怠感・咽頭痛・鼻汁・鼻閉・頭痛・関節・筋肉痛・下痢・嘔気・嘔吐・味覚障害・嗅覚障害の症状がある

 ○2週間以内に法務省・厚生労働省が定める諸外国への渡航歴がある(およびそれらの方と家庭や職場内等で接触歴がある)

 ○2週間以内に新型コロナウイルス感染症の患者やその疑いがある患者との接触歴がある

 ○新型コロナウイルス感染症の患者に濃厚接触の可能性があり、待機期間内であるなど

 

受診できる医療機関

宇治市国民健康保険特定健診は、宇治久世医師会の協力医療機関で受診できます。

令和3年度特定健診協力医療機関

対象者

40歳以上(令和4年3月31日までに40歳以上になる人含む)75歳未満(受診日時点で75歳未満の方)で宇治市国民健康保険(国保)に加入している人。
 ※令和3年度 国保人間ドック受診補助対象者を除く(脳ドック受診補助対象者は受診できます)。

受診できる期間

令和3年6月1日(火曜日)~令和3年10月30日(土曜日)

検査項目

検査項目
問診 質問項目(受診票に本人が記入)
身体計測 身長、BMI、体重、腹囲、血圧測定
理学的検査 身体診察
尿検査 尿糖、尿蛋白、尿潜血
血液検査 中性脂肪、HDL、LDL、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ―GTP)、血清クレアチニン、尿酸、eGFR、HbA1c、空腹時血糖
※医師の判断により実施する項目
心電図 12誘導
貧血検査 血色素量、赤血球数、ヘマトクリット値
眼底検査 眼底検査機器のある医療機関でのみ受診できます。

健診料一部負担金

無料 ※下記注意事項をご確認ください。

※健診期間内に1回のみ受診できます。

 2回以上受診された場合、2回目以降の費用は全額自己負担となります。

※令和3年度国保人間ドック受診補助対象者は、特定健診を受診できません(脳ドック受診補助対象者は受診できます)。

 受診された場合、後に受診された費用は全額自己負担となります。

受診結果の説明等

受診結果については、医療機関より直接受診された方へ説明されます。
なお、健診結果は、保健事業等に役立てるため、市・国民健康保険団体連合会に報告されます。

第3期宇治市特定健康診査等実施計画

「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づく特定健康診査及び特定保健指導の実施にあたっては、同法に定める計画を策定する必要があり、平成20年度から平成24年度までを第1期、平成25年度から平成29年度までを第2期とした宇治市特定健康診査等実施計画を策定しましたが、このたび、これまでの事業の実績と分析を踏まえて、平成30年度から平成35年度を期間とする、第3期宇治市特定健康診査等実施計画を策定しました。

第3期宇治市特定健康診査等実施計画

第3期宇治市特定健康診査等実施計画[PDFファイル/1.4MB]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family