このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 健康食育日本一をめざして生きがい・健康・食育ホームページ > 高齢者等インフルエンザ予防接種

本文

高齢者等インフルエンザ予防接種

印刷ページ表示 更新日:2022年9月29日更新 <外部リンク>

令和4年度 高齢者等インフルエンザ予防接種について

インフルエンザの予防には、手洗い、うがい、十分な休養とバランスのとれた食事が大切ですが、高齢者がかかると、肺炎等の合併症を引き起こす確率が高く重症化すると死にいたることもあります。
ワクチンが十分な効果を維持する期間は接種後約2週間後から約5ヵ月とされているため、12月中旬までの接種が効果的です。

対象者

【接種日に次のいずれかに該当する宇治市民】

(1) 65歳以上の人

(2) 60歳から64歳の人で、心臓・腎臓または呼吸器の機能障がいで極度に日常生活が制限される人及びヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に介助なしでは日常生活がほとんど不可能な程度の障がいを有する人。

  ※(2)に該当する人(主治医が該当すると判断した人のみ)は、接種前に必ず申請が必要となります。下記の申請書を健康づくり推進課へご提出ください。

  60歳から64歳用申請書 [PDFファイル/174KB]

接種期間

令和4年10月20日(木曜日) ~ 令和4年12月28日(水曜日) 

接種場所

接種場所(1) 協力医療機関

宇治市・城陽市・久御山町・京都市伏見区の一部の医療機関 

 宇治市の協力医療機関 [PDFファイル/110KB]

 城陽市・久御山町の協力医療機関 [PDFファイル/87KB]

 京都市伏見区の協力医療機関 [PDFファイル/149KB]

接種場所(2) 協力医療機関以外の京都府内にある医療機・施設〈京都府広域予防接種医療機関〉

協力医療機関以外の京都府内にある医療機関等で、かつ「京都府広域予防接種医療機関」としての登録のある医療機関等で接種を希望する場合は、接種前に必ず申請が必要となります。下記の申請書を健康づくり推進課へご提出ください。
後日、広域予防接種専用の予診票を郵送します。

 ※「京都府広域予防接種医療機関」に該当するかは、接種を希望する医療機関または健康づくり推進課へお問い合わせください。

 令和4年度 高齢者等インフルエンザ予防接種申請書 [PDFファイル/326KB]

接種場所(3) 京都府外の医療機関や接種場所(1)及び(2)以外の京都府内にある医療機関

接種前に必ず申請が必要となります。
下記の申請書を健康づくり推進課へご提出いただくか、ウェブ申請でも受付しています。
後日、「予防接種実施依頼書」等接種に必要な書類一式を郵送します。

 ※接種費用は全額自己負担となりますが、接種後、還付請求の手続きを行っていただくことで、接種費用が返還されます(限度額あり)。

 予防接種依頼書交付申請書 [PDFファイル/79KB]

 【ウエブ申請】 こちらの申し込みフォーム<外部リンク>から申請してください。

 接種回数

実施期間中 1人1回

接種費用(一部負担金)

1,500円

接種当日の持ち物

健康保険証など、本人確認ができるもの

接種費用(一部負担金)の免除制度について

接種前に申請すると、接種費用(一部負担金 1,500円)が無料になる制度があります。
接種場所(1)または(2)に該当する医療機関等で接種する場合のみ適用されます。
※接種後に免除申請をしても返金できません。

対象者

高齢者等インフルエンザ予防接種の対象者で、次のいずれかに該当する人。

  • 生活保護世帯
  • 市民税非課税世帯
  • 中国残留邦人等支援給付世帯

申請方法

  • 接種前に、下記の「令和4年度 高齢者等インフルエンザ予防接種免除申請書」に必要事項を記入し、郵送か直接、宇治市役所健康づくり推進課(〒611-8501住所省略可)へ。
  • 令和4年12月9日(金曜日)まで行政サービスコーナー・コミュニティワークこはた館・コミュニティワークうじ館でも取り次ぎをします。
  • 確認後、一部負担金免除者用予診票を送付します。発行には10日程度かかるため、余裕を持って申請してください。

 ※接種後に免除申請をしても返金できません。
 ※協力医療機関で接種される場合で、免除申請をされない方は、健康づくり推進課への手続きは不要です。直接医療機関へ予約をしてください。

  令和4年度 高齢者等インフルエンザ予防接種申請書 [PDFファイル/326KB]

 

接種に関しての注意事項

予防接種による副反応が疑われた場合

予防接種後に、接種部位の異常反応や体調の変化、さらに高熱、けいれん等の異常な症状が起こった場合は、必ず接種医またはかかりつけ医を受診してください。医師は、予防接種による副反応を確認したら、法律により厚生労働省に報告します。

予防接種を受けたご本人やご家族の方から、接種後に発生した健康被害に関して報告することもできますので、健康被害を疑うような症状がございましたら、健康づくり推進課へご相談ください。

※予防接種による健康被害が発生した時の救済制度があります。健康づくり推進課へご相談ください。

新型コロナワクチンとの接種間隔

令和4年度から、インフルエンザワクチンのみ新型コロナワクチンとの同時接種が可能となりました。

 

令和4年度 今冬のインフルエンザ総合対策について

この冬のインフルエンザの流行に備え、厚生労働省が総合対策として取りまとめたものを情報発信していますので、ご参照ください。

 厚生労働省ホームページ 「令和4年度 今冬のインフルエンザ総合対策について」<外部リンク>

お問い合わせ

宇治市役所 健康づくり推進課 保健事業係
〒611-8501(住所省略可)
電話:0774-20-8793
Eメール:[email protected]

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


family