ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 歴史資料館 > 宇治市歴史資料館特別展「山地、平野、川とともに池ー宇治のくらしと空間ー」開催のお知らせ

本文

宇治市歴史資料館特別展「山地、平野、川とともに池ー宇治のくらしと空間ー」開催のお知らせ

印刷ページ表示 更新日:2022年8月27日更新 <外部リンク>

特別展「山地、平野、川とともに池―宇治のくらしと空間―」

 今日の宇治市域には、東部に山地、中央部に平野があり、宇治川が貫流しています。そして、かつては西部の小倉、伊勢田などと接して巨椋池がありました。それぞれの地域では地理的環境に即して、林業や製茶、稲作、漁業などが生業とされてきました。

 このように宇治は、同一市域にあって、山地、平野、水辺という異なる環境下で生活が営まれていたという特徴があります。

 本展では、これらの宇治市域の多様な生活空間に焦点をあて、主に江戸時代以降の古文書や古地図、さらに民具、写真などによって、それぞれの地域の様相や人びとの営みのすがたを紹介します。

歴史資料館特別展2022

宇治郷周辺絵図 

宇治郷周辺絵図(当館蔵)

 

■会期:令和4年9月17日(土曜日)~11月27日(日曜日)

■会場:宇治市歴史資料館(宇治市文化センター内)

■開館時間:9時00分~17時00分

■休館日:月曜日 祝日

■入館料:300円 団体(20人以上)240円 中学生以下無料

※関西文化の日〈11月19日(土曜日)、20日(日曜日)〉は入館無料

■主催:宇治市歴史資料館