ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 歴史資料館 > 宇治市歴史資料館企画展「ちょっと昔の街と暮らし 宇治市ができたころ」開催のお知らせ

本文

宇治市歴史資料館企画展「ちょっと昔の街と暮らし 宇治市ができたころ」開催のお知らせ

印刷ページ表示 更新日:2021年12月18日更新 <外部リンク>

企画展「ちょっと昔の街と暮らし 宇治市ができたころ」

 昭和26年(1951)3月1日、久世郡宇治町・槇島村・小倉村・大久保村と宇治郡東宇治町の2町3村が合併して宇治市が誕生しました。令和3年(2021)は、市制施行70年を迎える記念の年です。

 本展では、宇治市発足から70年が経過したことを記念して、宇治市が誕生したころである昭和20年代後半から昭和30年代の宇治の街と暮らしのうつりかわりを、当時の道具や写真などで紹介します。

 

宇治市庁舎 昭和30年頃

宇治市庁舎 昭和30年(1955)頃

 

■会期:令和3年12月18日(土曜日)~令和4年2月13日(日曜日)

■会場:宇治市歴史資料館(宇治市文化センター内)

■開館時間:9時00分~17時00分

■休館日:月曜日 祝日 年末年始

■入館料:無料