ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 農林茶業課 > 祝!全国・関西茶品評会にて宇治市が産地賞をW受賞!

本文

祝!全国・関西茶品評会にて宇治市が産地賞をW受賞!

印刷ページ表示 更新日:2022年9月1日更新 <外部リンク>

第76回全国茶品評会、第74回関西茶品評会 てん茶の部 産地賞受賞!!

 令和4年8月23日(火曜日)~26日(金曜日)に宇治市で9年ぶりとなる第76回全国茶品評会審査会が、令和4年8月3日(水曜日)~5日(金曜日)には滋賀県で第74回関西茶品評会審査会がそれぞれ開催されました。

 両品評会のてん茶の部では、宇治市茶生産組合の辻 喜代治さんが見事1等1席、農林水産大臣賞をダブルで受賞され、さらに多くの生産組合員が上位入賞を果たされました。

 その結果、優秀な成績を収めた市町村に贈られる「産地賞」を宇治市が全国、関西の両品評会で獲得しました。

 宇治市は、産地賞を全国茶品評会で60回中52回、関西茶品評会では29回中17回獲得しており、市内産宇治茶の品質の高さが全国的に認められています。

 11月には大会式典が開催され、農林水産大臣賞をはじめとする特別賞及び産地賞の授与が行われます。

※産地賞とは

毎年行なわれている全国と関西の茶品評会で茶種ごとに優秀な成績を収めた市町村に対して授与される賞 (審査成績の上位3点の合計点により決まる)。

審査会の様子 全国茶品評会 審査会の様子

第76回全国茶品評会にて1等に入賞された方は下記のとおりです(宇治市のみ)。

<てん茶の部>

 1等1席 辻 喜代治 200点 (農林水産大臣賞) 

       2席  辻 航己 199点 (農林水産省農産局長賞)            

       4席 山﨑 遥香 197点 (農林水産省農産局長賞)    

       5席 小山 一彦 196点 ((公社)日本茶業中央会会長賞)

       6席 小山 元也 195点 (全国茶生産団体連合会長賞)

 

<玉露の部>

  1等3席 吉田 利一 197点 (農林水産省農産局長賞)

 

第74回関西茶品評会にて1等に入賞された方は下記のとおりです(宇治市のみ)。

<てん茶の部>

  1等1席 辻 喜代治 200点  (農林水産大臣賞)

       4席 古川 嘉和 196点 (全国茶生産団体連合会長賞)             

       5席 古川 瑞穂 195点 (全国茶商工業協同組合連合会理事長賞)  

☆農林水産大臣賞受賞者へのインタビュー☆

全国茶品評会、関西茶品評会の両品評会にて、見事農林水産大臣賞のダブル受賞を果たされた辻 喜代治さんにインタビューしてきました。

農林水産大臣賞受賞 辻 喜代治 さん

農林水産大臣賞を受賞された 辻 喜代治 さん

 

Q1.受賞のよろこびをお聞かせください。
 この度、関西・全国茶品評会で身に余る結果となり、感謝の言葉しかございません。
 また、関西・全国茶品評会で宇治市が産地賞を受賞し、私の受賞以上に喜んでおります。
 これもひとえに、お茶摘みの皆さま・製造に関わって頂いた皆さま・手選り精選の皆さま・各茶業関係者の皆さま…書ききれないほどの皆さまのおかげと、一つでも欠落してはならない良きご縁の繋がりに、心より深く感謝申し上げます。

Q2.茶生産へのこだわり
 先人から継承された伝統宇治茶栽培と、現在の技術を融合させ、伝統と革新を根底に、探究心を忘れず栽培しております。

Q3.将来の展望について
 就農して30年以上が経ち、各種品評会の農林水産大臣賞や天皇三賞・内閣総理大臣賞も受賞することができました。
 この技術を後継者に継承できるよう努めてまいりたいと考えております。

Q4.宇治のお茶の良いところ
 今や、世界ブランドになっている宇治茶です。
 やはり、宇治茶は品質で差別化され、付加価値が付いております。
 一年に一度の覆い下での手摘み栽培は、唯一無二です。
 先人が築かれた伝統宇治茶栽培を軸に、更に品質を高めて行く事が、宇治茶であると考えております。