ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 都市計画課 > 令和2年度近鉄小倉駅周辺地区のまちづくりに関するアンケート調査結果について

本文

令和2年度近鉄小倉駅周辺地区のまちづくりに関するアンケート調査結果について

印刷ページ表示 更新日:2021年6月25日更新 <外部リンク>

近鉄小倉駅周辺地区のまちづくりに関するアンケート調査結果について

はじめに

 宇治市では平成30年度より「京都府立大学地域貢献型特別研究(ACTR)」の制度を活用し、京都府立大学と共同で「宇治市・西小倉地域(近鉄小倉駅周辺)における市民との協働型まちづくりのあり方検討」を実施しました。

 まず、平成30年度には、小倉地区の建物・土地利用の現況調査を行い、その結果と既存の統計データから高齢化の状況や単身世帯比率などのマップ化を行い、地域にお住いの皆さん方及び商店関係者の方々を対象に3回のワークショップを実施しました。

 次に、令和元年度9月~10月にかけては、地域の様々な課題に対する実情を把握するためのアンケート調査を実施し、令和2年1月と2月にはアンケート調査結果の報告会を開催しました。

 今回、令和2年度では、以下に示す2つのカテゴリーで意見聴取を行いましたので、その結果について報告します。

 1)若年層(中高生)
  小倉地区に住む若年層の考えを明確にするためのアンケート調査を行い、地域の印象や課題、地域の将来の希望、そして小倉駅前地区に将来戻ってきたくなるのに必要なもの等について意見を聴取しました。

 2)商業関係者
  平成30年度・令和元年度の調査では十分に実施できていなかった商業関係者に対して「近鉄小倉駅周辺地区のまちづくり」についての意見を聴取しました。

実施概要

【実施主体】
 京都府立大学 京都地域未来創造センター
 宇治市 都市整備部 都市計画課

1.中学生
 <対象・実施時期>
  ●宇治市立西小倉中学校
   令和2年10月29日(木曜日)
    ・2,3時間目:1年生 約80名
    ・5,6時間目:2年生 約80名
  ●宇治市立北宇治中学校
   令和2年11月19日(木曜日)
    ・5,6時間目:3年生 約150名
 <実施内容>
  (1) 近鉄小倉駅周辺地区におけるまちづくりの概要説明(1時間): 体育館
  (2) ワークショップ(1時間): 各教室
  (3) アンケート調査 : (1)、(2)を踏まえ各学校で実施

2.高校生
 <対象・実施時期>
  ●京都府立城南菱創高等学校
   令和2年11月中旬
    1年生 約220名 / 2年生 約220名 / 3年生 約210名
 <実施内容>
  ●アンケート調査 : 概要説明資料と共にアンケートを配布(学校指導のもとで実施)

3.商業関係者
 <対象・実施時期>
  ●近鉄小倉駅周辺地区(近鉄小倉駅よりおよそ半径1kmの範囲。)の店舗等商業施設
   (小売業、飲食業、サービス業等)
   令和3年1月末~2月中旬

 <実施内容>
  ●アンケート調査 : 主にWeb形式での回答とし、アンケートURLを以下のとおり配布・周知
   ・商工会議所:80部(会報に同封) ・・・ 2/1号
   ・地域商店組合等 ・・・ 1/28
   ・沿道配布:約200部 ・・・ 1/29、2/1
     計:約335部(重複あり)

調査結果

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)