ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 資産税課 > 宇治市の税金(固定資産税 償却資産Q&A) 7

本文

宇治市の税金(固定資産税 償却資産Q&A) 7

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

償却資産Q&A

Q7.償却の済んだ古い資産ばかりであり、税務会計上償却している資産はありませんが?

A 税務会計においては、耐用年数を経過して減価償却が終わり、帳簿上は備忘価額1円のみが計上されている償却資産については、減価償却を継続することができません。しかし、こうした償却済資産についても、本来減価償却できる性格の資産であることに変わりなく、事業の用に供することができる状態にある限り、固定資産税(償却資産)の課税対象となります。