ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 市民税課 > 盗難にあってしまったとき

本文

盗難にあってしまったとき

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

まずはじめに

軽自動車、125cc超のバイク、フルトレーラー等の手続きは、すべて運輸支局(もしくは軽自動車検査協会)が窓口となります。盗難にあわれた際は、手続きを忘れずにお願いします。

※廃車手続きをされないと、次年度以降も課税される場合があります。

原付バイク(125cc以下)を盗まれた場合

  1. 警察に盗難の届出をする。
    ※届出をした警察署名、届出の年月日、受理番号をひかえておいてください。廃車手続きの際に盗難にあった経緯と合わせて、申告書にご記入いただく必要があります。
  2. 盗難届出後、市民税課で廃車の手続きをしてください。
    その際に、以下のものが必要になります。
    • 所有者(納税義務者)の印かん
    • 軽自動車税(種別割)廃車申告書兼標識返納書(市民税課でご記入いただけます。)
    • 届出者の本人確認書類

原付バイクのナンバープレートだけを盗まれた場合

  1. 警察に盗難の届出をする。
    ※届出をした警察署名、届出の年月日、受理番号をひかえておいてください。手続きの際に、盗難にあった経緯と合わせて、申告書にご記入いただく必要があります。
  2. 市民税課で標識変更の手続きをしてください。以下のものが手続きの際に必要になります。
    • 所有者(納税義務者)の印かん
    • 弁償金100円
    • 軽自動車税(種別割)申告(報告)書兼標識交付申請書(市民税課でご記入いただけます。)
    • 標識紛失(盗難)届出書(市民税課でご記入いただけます。)
    • 届出者の本人確認書類

手続きの際、こちらのPDFファイルをダウンロードしてお使いください。

申請書類