ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 国民健康保険課 > 国民健康保険料の減免(新型コロナウイルス感染症関連)

本文

国民健康保険料の減免(新型コロナウイルス感染症関連)

印刷ページ表示 更新日:2020年6月12日更新 <外部リンク>

国民健康保険料の減免(新型コロナウイルス感染症関連)

新型コロナウイルス感染症の影響により、次の要件を満たす方は、保険料を減免することができます。(申請が必要です)

減免の対象となる保険料は、令和元年度分及び令和2年度分の保険料で、令和2年2月1日から令和3年3月31日までの間に納期限が定められている保険料です。

1.新型コロナウイルス感染症により、国保上の世帯主が死亡し、または重篤な傷病を負った世帯の方

→ 保険料を全額免除

 

申請に必要なもの

 ・減免申請書 [PDFファイル/162KB] 記入例 [PDFファイル/170KB]

 ・医師による死亡診断書、死体検案書・診断書等

 

     コンビニで申請書を印刷する案内ページ

 

申請書類の送付先

〒611-8501 宇治市宇治琵琶33 宇治市役所国民健康保険課


2.新型コロナウイルス感染症の影響により、国保上の世帯主の収入減少(※)が見込まれる世帯の方

→ 保険料の一部を減額

 

※ 保険料が一部減額される具体的な要件

国保上の世帯主について、事業収入、不動産収入、山林収入または給与収入(以下「事業収入等」といいます。)が、次の(ア)~(ウ)のすべてにあてはまる世帯が対象になります。

(ア) 令和2年の事業収入等のいずれかの減少額(保険金、損害賠償等により補てんされるべき金額を控除した額)が令和元年のその事業収入等の額の3割以上であること

(イ) 令和元年の所得の合計額が1,000万円以下であること

(ウ) 減少することが見込まれる事業収入等に係る所得以外の令和元年の所得の合計額が400万円以下であること

 

○ 保険料の減免額は、減免対象保険料額(A×B/C)に減免割合(D)をかけた金額です。

減免対象の保険料額(A×B/C)

A:世帯の被保険者全員について算定した保険料額

B:国保上の世帯主の減少が見込まれる収入にかかる前年の所得額

C:国保上の世帯主及び世帯の被保険者全員の前年の合計所得金額

国保上の世帯主の合計所得金額に応じた減免割合(D)

300万円以下の場合 :全部(10分の10)

400万円以下の場合 :10分の8

550万円以下の場合 :10分の6

750万円以下の場合 :10分の4

1,000万円以下の場合:10分の2

*国保上の世帯主の事業等の廃止や失業の場合には、前年の合計所得金額にかかわらず、減免割合(D)は10分の10になります。

 

申請に必要なもの

減免申請書 [PDFファイル/162KB] 記入例 [PDFファイル/170KB]

収入申告書 [PDFファイル/124KB] 記入例 [PDFファイル/136KB]

・今年の収入を証明する書類(★)

 ★ 事業等の収入に関する台帳や帳簿(1ヶ月以上記載のあるもの)・給与明細等

   事業の廃止や失業の場合は、休廃止届け(写)や雇用保険受給資格者証(写) 等

   添付できる書類がない場合は、申立書 [PDFファイル/71KB] 記入例 [PDFファイル/143KB]

 

     コンビニで申請書を印刷する案内ページ

 

申請書類の送付先

〒611-8501 宇治市宇治琵琶33 宇治市役所国民健康保険課


申請にあたって、ご注意いただきたいこと 必ずお読みください!

 

●減免の申請をされても、まだ減免は決定していません。

今回の減免は、多くの申請がなされることが予想され、審査結果(減免の承認・不承認)については、8月中旬以降順次ご通知する予定としています。通知が届くまでの間は、各納期限までに所定の保険料を納付いただくようお願いいたします。

なお、減免が承認された場合は、減免後の年間保険料に基づいて残りの期別を減額いたします。

 

●申請書類や添付書類に不足等があった場合や昨年の収入について申告がなされていない場合は、可否決定できません。その際はご連絡いたしますので、至急、手続きをお願いします。

なお、令和3年3月31日までに書類の提出や申告がなされないと、減免は不承認となりますのでご注意ください。

 

●減免が不承認となった場合は、減免申請前にご通知したとおりの保険料となります。

 


期限までに保険料を納めることが難しい場合

新型コロナウイルス感染症の影響による減免を申請された方で、期限までに保険料を納めることが難しい場合、保険料納付の猶予(免除ではありません)を申請することができます。減免申請書の徴収猶予欄にチェックをすることで併せて申請ができます。

猶予期間:減免決定月の月末まで

必ずお読みください!

●徴収猶予の申請をなされても、まだ保険料の徴収猶予は決定していません。

徴収猶予の承認(または不承認)の決定は、減免申請の結果と併せてお知らせいたします。

 

徴収猶予が「承認」となった場合、承認決定月の末日までが猶予期間となります。減免後の年間保険料を以降の納期で納めていただけるように、決定通知時に納付書(お支払用紙)を同封します。

 

徴収猶予が「不承認」となった場合、猶予申請前に通知したとおりの納期限に保険料を納めていただくこととなります。

納期限までに保険料の納付がない場合、督促状が送付され、以降の保険料納付については京都地方税機構にご相談いただくことなります。延滞金が生じたり差押の対象となったりする場合がありますのでご了承ください。

 

保険料を口座振替で納めている方へ

●口座振替を利用されていて徴収猶予を申請された方については、猶予の承認・不承認にかかわらず、口座振替を停止いたします。なお、猶予申請書の提出日によっては口座振替の停止が間に合わず、保険料が引き落とされる場合がありますのでご了承ください。

 

猶予・減免の決定前に納付された保険料は、減免が承認された際に差し引いて、残りの期別で年間の保険料を調整いたします。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


みなさんの声をお聞かせください

お求めの情報が充分掲載されてましたでしょうか?
ページの構成や内容、表現は分りやすかったでしょうか?
この情報をすぐに見つけられましたか?