ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 源氏物語ミュージアム > 源氏物語ミュージアム 令和3年度連続講座第1回、第5回の開催日が決まりました

本文

源氏物語ミュージアム 令和3年度連続講座第1回、第5回の開催日が決まりました

印刷ページ表示 更新日:2022年1月3日更新 <外部リンク>

 

令和3年度連続講座 承久の乱800年
橋をめぐる物語
宇治川の彼方此方(あなたこなた)

 承久3年(1221)、後鳥羽院が鎌倉幕府の執権・北条義時追討のため挙兵しました。承久の乱では、宇治川が重要な戦場となるとともに、宇治での合戦の故実となり、語り継がれました。
 承久の乱から800年。今年度の連続講座は、承久の乱、後鳥羽院を経糸に、宇治川、宇治橋を緯糸に、宇治をめぐって紡ぎだされた物語、その背景にある歴史、歴史観について、多角的に迫ります。

 第1回、第5回は、日程を変更して開催します。

 

 

令和3年度連続講座
  新しい開催日 演題 講師 新しい応募締切
1

令和4年

3月13日(日曜日)

 

『承久記』『承久記絵巻』にみる承久宇治川合戦 長村 祥知さん
(富山大学講師)
2月27日(日曜日)
5

令和4年

3月4日(金曜日)

『新古今和歌集』と後鳥羽院・藤原定家 小山 順子さん
(京都女子大学教授)
2月20日(日曜日)
  • 会場 宇治市生涯学習センター第1ホール
          
    (京都京阪バス・琵琶台口停留所すぐ) 
  • 時間 各講座とも午後2時~3時30分(受付は1時30分から)
  • 募集人数 80人(多数の場合は抽選)
  • 参加費 各講座 600円
  • 応募方法 往復はがきに「連続講座 第○回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。締切日必着で宇治市源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用はがきだけで可。

   ※ 1枚のはがきにつき1講座1人まで。返信用はがきにも必ず第○回とご記入ください。

 

※ 講座の日時・内容などをやむを得ず変更する場合があります。

※ 会場入場前の検温、手洗いの励行、手指のアルコール消毒にご協力ください。

※ 必ずマスクを着用してください。

※ 当日午前11時時点で、宇治市内に気象警報のいずれかが発表された場合は、当日の開催を中止します。ご了承ください。

※ ご来場の際は、公共交通機関をご利用ください。専用駐車場はありません。