ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 組織でさがす > 源氏物語ミュージアム > 源氏物語ミュージアム 令和2年度連続講座のお知らせ

本文

源氏物語ミュージアム 令和2年度連続講座のお知らせ

印刷ページ表示 更新日:2020年8月15日更新 <外部リンク>

 

令和2年度連続講座 日本文化のなかの藤原定家―和歌、物語、そして芸能―

 藤原定家( 1162~1241)が、書写校訂に携わった『源氏物語』若紫の巻が発見され、話題になりました。定家は、鎌倉時代を代表する歌人であり、『新古今和歌集』等の勅撰和歌集の撰者です。『源氏物語』『伊勢物語』をはじめ、今日、私たちが手にすることのできる古典文学の多くは、定家が書写校訂したものです。また、室町時代になると、和歌の世界だけではなく、能や茶の湯の世界でも崇拝され、今日に至ります。何故、人びとは定家に憧れるのでしょうか。
 令和2年度の連続講座は、定家について、多角的に迫ります。

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、一部の日程、会場、定員を変更しています。開催日、締切日、会場にご注意ください。

令和2年度連続講座
  開催日 演題 講師 応募締切
1 9月17日(木曜日) 藤原定家と百人一首成立秘話 吉海 直人さん
(同志社女子大学特任教授)
8月30日(日曜日)
2 令和3年
1月23日(土曜日)
藤原定家のみた平安京 山田 邦和さん
(同志社女子大学教授)
12月27日(日曜日)
3

令和2年
12月17日(木曜日)

明智光秀の茶会と定家色紙

鶴﨑 裕雄さん
(帝塚山学院大学名誉教授)

11月29日(日曜日)
4 11月28日(土曜日) 定家書写『源氏物語』をめぐる政治と文化 美川 圭さん
(立命館大学教授)
10月31日(土曜日)
5 9月18日(金曜日) 定家卿と『源氏物語』 岩坪 健さん
(同志社大学教授)
8月30日(日曜日)
6 11月21日(土曜日) 能『定家』の魅力 -作者禅竹の定家好みと和歌への憧憬- 河村 晴道さん
(能役者シテ方観世流)
10月31日(土曜日)
7

12月11日(金曜日)

小倉百人一首の人々 山本 淳子さん
(京都先端科学大学教授)
11月29日(日曜日)
8 令和3年
1月21日(木曜日)
宇都宮歌壇と格天井百人一首絵 野口 孝子さん
(古代学協会客員研究員)
12月27日(日曜日)
9 2月19日(金曜日) 茶の湯の中の藤原定家 熊倉 功夫さん
(MIHO MUSEUM館長)
令和3年
1月31日(日曜日)
10 3月11日(木曜日) 和歌史と定家 中 周子さん
(大阪樟蔭女子大学教授・田辺聖子文学館館長)
2月28日(日曜日)
  • 会場 宇治市男女共同参画支援センター会議室1
            (JR宇治駅前市民交流プラザ「ゆめりあ うじ」4階)
        第7回(12月11日開催)のみ 宇治市生涯学習センター第1ホール
          
    (京都京阪バス・琵琶台口停留所すぐ) 
  • 時間 各講座とも午後2時~3時30分(受付は1時30分から)
  • 募集人数 40人(多数の場合は抽選)
  • 参加費 各講座 600円
  • 応募方法 往復はがきに「連続講座 第○回」、住所、氏名(ふりがな)、電話番号を記入。締切日必着で宇治市源氏物語ミュージアムへ。持参で申し込む場合は、返信用はがきだけで可。

   ※ 1枚のはがきにつき1講座1人まで。返信用はがきにも必ず第○回とご記入ください。

 

※ 講座の日時・内容などをやむを得ず変更する場合があります。

※ 会場入場前の検温、手洗いの励行、手指のアルコール消毒にご協力ください。

※ 必ずマスクを着用してください。

※ 当日午前11時時点で、宇治市内に気象警報のいずれかが発表された場合は、当日の開催を中止します。ご了承ください。

※ ご来場の際は、できるかぎり公共交通機関をご利用ください。

  • 10月は源氏物語セミナーの開催を予定しています。詳細が決まりましたらお知らせします。