ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 産業支援拠点 宇治NEXT > デザインウィーク京都2022in宇治

本文

デザインウィーク京都2022in宇治

印刷ページ表示 大きな文字で印刷 更新日:2022年1月16日更新

デザインウィーク京都

さまざまなモノづくりの活動現場を期間限定でオープンにします。

国内外から多種多様なモノをつくる人、つかう人、伝える人が集まり、交流が生まれ、互いの視野を広げることによる、新たなイノベーションの創出。

京都の創造性が業種や文化、国のボーダーを越えて生まれ、広がっていくきっかけの場となることを目指す場が、「デザインウィーク京都」です。

●デザインウィーク京都のホームページは≪こちら≫<外部リンク>

デザインウィーク京都 in 宇治

宇治のモノづくりに出会い、交流する一週間

宇治の変遷を幾年も見守ってきた文化遺産、風土が育む最高級・最高品質の宇治茶など、宇治には世界に誇れる宝ものがあふれています。「モノづくり」もこのまちが未来に誇る宝のひとつ。

普段は見ることのできない、宇治でモノが生まれる現場がオープンする一週間がやってきます。

現場を直接訪問できる「OPEN HOUSE」に加えて、移動の時間や費用も気にせずにどこからでも参加できるオンライン訪問、複数の現場を車で効率よく回れるツアーも開催。

伝統を守りつつ、新しいことに挑戦することをためらわない、モノづくりの苦も楽も知る職人やプロフェッショナルに、いろんな形で会いに出かけてみませんか?

 

現場を直接訪問できる「OPEN HOUSE」

デザインウィーク京都のホームページで近日公開予定

 

移動の時間や費用も気にせずにどこからでも参加できるオンライン訪問

デザインウィーク京都のホームページで近日公開予定

 

複数の現場を車で効率よく回れるツアー

添乗員が同行し、宇治のOPEN HOUSE 3か所をジャンボタクシーで効率よく巡るツアー(FACTORY TOURS in UJI)を実施します。

モノづくりの未来を担う若い世代の参加も大歓迎!

FACTORY TOURS in UJIの概要

■開催日時

令和3年2月13日(日曜日)、16日(水曜日)、18日(金曜日)、19日(土曜日)

■参加方法

専用の申込フォームからお申込みください

≪申込フォーム≫<外部リンク>

※定員は各コース5名

■参加費

大人1000円、学生500円

■ツアースケジュール

  • 各コース、いずれも午前10時集合、午後4時半解散
  • 昼食は各自準備。(持参可。お茶と宇治のまち交流館『茶づな』内の飲食店利用可)
  • 一つの工場・工房あたり60分の見学(親子向けツアーはうち30分が体験)
  • 親子向けは小学生から楽しめる内容となっていますが、大人のみの参加も大歓迎
2月13日(日曜日) Aコース 親子向け

アテック京都 → 昼食 → ITAYA KOBO → ナンゴー

2月16日(水曜日) Bコース 一般向け

ナンゴー → 昼食 → ヒガシ絃楽器製作所 → フリーゾーン(※)

※フリーゾーンは京都信用金庫宇治支店にて、担当者の説明をオンライン映像と組み合わせた内容となります。

2月18日(金曜日) Cコース 一般向け

昇苑くみひも → 昼食 → 河原崎製作所 → 楠岡義肢製作所

2月19日(土曜日) Dコース 親子向け

日双工業 → 昼食 → 楠岡義肢製作所 → ITAYA KOBO

 

参加企業の紹介

 (1)楠岡義肢製作所株式会社

●一人ひとりに寄り添う治療用装具の工房

コルセットやインソールなどの装具や義足のスペシャリストが集う楠岡義肢製作所。医療現場で培った確かな経験と、新しい事への挑戦にひるまない好奇心を礎に、職人が身体に悩みのある人の目線に立ったこだわりのモノづくりを展開する。インソールの熟成型やカービングによる切削行程、金属コルセット組み上げ作業など、多岐に渡る製作工程を見学できる。

●所在地

宇治市木幡花揃29-4

●ホームページ

http://kusuoka-gishi.co.jp<外部リンク>

義足を製作している様子

 

 

(2)株式会社ヒガシ絃楽器製作所

●日本唯一の大型弦楽器メーカー

1979年に宇治で創業。「oriente(オリエンテ)」のブランド名で、素材から塗装まで、すべてにこだわりをつぎ込み、コントラバス、チェロ、ビオラダガンバなどの楽器一本一本に心を込めて手掛ける日本唯一の工房。和鉋(わかんな)など日本の伝統工具で丁寧に仕上げられた楽器が奏でるのびやかで風格にあふれる音色が特長。完全オーダーメイドに対応可能。

●所在地

宇治市槇島町落合138-2

●ホームページ

http://www.oriente.jp<外部リンク>

コントラバスを製作している様子

 

(3)有限会社日双工業

●金属を思い通りのカタチに仕上げる「未来志向」の技術者集団

最新鋭の加工機と積み重ねた知識や技術を武器に、ステンレスやアルミ、銅などの金属を思いどおりのカタチに仕上げる「4次元加工の技術者集団」。機能性はもちろんのこと、仕上がった部品や製品のつややかさは目にも美しい。設計画面がなくても、ゼロから相談しながら望みのものを実現させる「ものづくりサポート」の体制も充実。自動車や医療を始めとした各種工業用部品を主力としており、さらに他分野への取り組みや連携も積極的に進めている。

●所在地

宇治市槇島町目川77-1

●ホームページ

https://www.nisso-k.co.jp/<外部リンク>

最新鋭加工機を操作する技術者

 

(4)アテック京都株式会社

●未来を切り拓く樹脂加工のプロフェッショナル

「樹脂のプロフェッショナル」を自負するアテック京都。ポリカーボネイトやアクリルなどの各種樹脂(プラスチック)を切削・曲げ・接着・溶接・研磨などの技術を自在に操る職人の姿がそれを証明している。充実した機械設備に加えて高精度・高品位な製品を届けるための創意や、担当者の個性と技術力を最大限に活かすための工夫も随所に見られる。

●所在地

宇治市槇島町十八52-2

●ホームページ

https://ateckyoto.com/<外部リンク>

樹脂加工を行っている様子

 

(5)フリーゾーン

●ミュージシャン+職人の腕とセンスが光るギターメンテナンス

ギターの調整や修理のことなら何でもお任せ。それもそのはず、店主は現役のヘヴィーロックバンドのボーカル&ギターとして活躍中。ミュージシャンだからこその視点や感覚で楽器の状態を診断し、使い手の気持ちを何よりも大切に一本一本手掛ける。弦やネックの調整だけでなく、細かな電子部品に至るまで熟知し、使い手の癖まで理解してくれるとは、多くのギタリストから信頼が厚いのも頷ける。

●所在地

宇治市五ケ庄平野19-1

ギターの修理をする店主

 

(6)有限会社河原崎製作所

●プラスチック射出成形金型の設計・製作のスペシャリスト

1983年の創業以来培ってきた「技術・経験・知識」から生まれるのは、金型部品や産業用機械や工作機械の精密部品。常に新しい技術を取り入れるチャレンジ精神と、納得出来るまで考え、念入りに実行する粘り強さを武器に、プラスチック射出成形用の金型を設計・製作を専門に手掛ける。熟練の手技と最新鋭のCAD/CAMシステムを融合させた高度なモノづくりを実現するスペシャリストたちが集う。

●所在地

宇治市槇島町十一67-14

●ホームページ

http://www.kawarasaki.net/<外部リンク>

金型の製作をする様子

 

(7)有限会社昇苑くみひも

●組紐の可能性を広げ続ける工房

1948年、手作業でひもを組む「手組」による帯締めや髪飾りの工房として宇治に操業。その後、製紐機を用いた「機械組」も導入し、現在では伝統的な「手組」と「機械組」の双方を駆使した様々な京くみひもを表現している。自社生産の絹紐を使った、現代に合う和装雑貨もバラエティ豊か。神社仏閣などの装飾からファッション、インテリアに至るまで、くみひもの可能性を多方面に広めている。

●所在地

宇治市宇治妙楽146-2

●ホームページ

https://www.showen.co.jp<外部リンク>

機械組にて京くみひもを織りなす様子

 

(8)ITAYA KOBO

●自然素材の温もりが詰まった「シンプルでちょうどいい」住空間

自然素材にこだわり、それぞれの人の希望や思いを丁寧にくみ取った住宅や造作家具を、設計から施工まで一貫して手掛ける。木、土、光、風などの自然を活かし、無駄なくコンパクト、簡素でありながら上品な住空間を創ることに心を砕く。元鐵工所だった建物を改修し、ITAYA KOBOの家づくりのすべてが知れる空間にリノベーション。ショールームとオフィスに加え、その場で職人が木材加工できるファクトリーを備えている。

●所在地

宇治市宇治善法81

●ホームページ

https://itaya-kobo.com/<外部リンク>

ファクトリーで木材を加工する職人

 

 (9)株式会社ナンゴー

●伝統と最先端の融合による金属加工

伝統のモノづくりの流儀を継承した職人たちが手がけるのは、単品~小ロットの金属加工部品、剛性を要する機械加工部品、生産活動に必要な治具や省力化装置など多岐に渡る。社名を冠する「ナンゴー彫り」(特許取得)は、従来平面印刷物上でしか実現できなかったステレオグラムを、立体造形で表現する技法。(眼の焦点をずらして眺めると絵が浮き上がるトリックアート)「共創」が合言葉!ナンゴー彫りでコラボレーションしませんか?

●所在地

宇治市白川川上り谷80-36

●ホームページ

https://www.nango-kyoto.co.jp<外部リンク>

職人が金属加工を手掛ける様子

<外部リンク>