ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム >    > ※受付終了※【第5回】『平安末・鎌倉期の摂関家と宇治』

本文

※受付終了※【第5回】『平安末・鎌倉期の摂関家と宇治』

印刷ページ表示 更新日:2022年8月5日更新 <外部リンク>

連続講座 『鎌倉への道 宇治川がつなぐ時代の流れ』 

※第5回は定員に達したため、受付を終了いたしました。※

第5回 「平安末・鎌倉期の摂関家と宇治」

講座内容

平等院を建立した関白藤原頼通以降、頼通の子孫である摂関家は宇治を拠点とし、周辺を整備していきました。しかし、平安末期から鎌倉期にかけ、摂関家は分裂し、源氏・平氏の諸勢力と結んで対立を繰り返します。こうしたなかで、摂関家は宇治とどのような関係をもったのか、「摂関宇治入り」の儀式などに注目してお話しします。

ご案内

【日  時】 令和4年8月27日(土曜日) 午後2時~3時半まで (受付午後1時30分~)

【会  場】 お茶と宇治のまち歴史公園 交流館 茶づな 2階会議室

      (京都府宇治市菟道丸山203-1)

【定  員】 60名(8月1日(月曜日)より先着順、EメールもしくはFaxで事前申し込み)

【参加費】 無料

【講  師】 樋口 健太郎さん 

       龍谷大学准教授

申し込み方法

【募集期間】

 令和4年8月1日(月曜日)~8月19日(金曜日)まで先着順

【応募方法】

下記用紙に記入の上、Faxでお送りいただくか必要事項を記入の上、Eメールでお申し込みください

「平安末・鎌倉期の摂関家と宇治」申込書 [Wordファイル/23KB]

「平安末・鎌倉期の摂関期と宇治」申込書 [PDFファイル/166KB]

 

【申し込み先】

Eメール: [email protected]

Fax:  0774-39-9409

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


京の七夕 in Uji
宇治市×響け!ユーフォニアム
見どころ
宇治茶
宇治市観光大使
調査データ・観光に関するアンケート
宇治観光ボランティアガイドクラブ
観光貸出写真