このページの本文へ ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 子育てにやさしいまち うじ > 令和2年度 離乳食教室のご案内

本文

令和2年度 離乳食教室のご案内

印刷ページ表示 更新日:2020年9月18日更新 <外部リンク>

7月以降の離乳食教室について

7月より、離乳食教室を再開する予定です。

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、教室内容の一部変更などを行っておりますので、詳しくは
「令和2年度 離乳食教室のご案内」をご確認ください。

離乳食教室について

栄養士が赤ちゃんの発達に合わせた離乳食の話や生後8か月頃までの離乳食のデモンストレーションを行います。
保護者の方を対象に試食もあります。

実施日時・対象児・会場・予約開始日については、「令和2年度 離乳食教室のご案内」をご覧ください。

※午前11時の時点で特別警報、暴風警報または暴風雪警報が発表されている場合は原則的に事業を中止します。 
 午前11時の時点で上記警報が発表されていなくても、事業開始時間までに発表された場合も事業は中止となります。
 また、宇治市に震度5強以上の地震が発生した場合も原則的に事業を中止します。
 中止の場合は後日、実施日についての連絡をお電話等でいたします。

離乳食教室のご案内

令和2年度 離乳食教室のご案内

令和2年度 離乳食教室のご案内 [PDFファイル/642KB]

受講時のお願い [PDFファイル/267KB]

※今後の新型コロナウイルスの感染状況によって急遽中止になる場合がございます。
  (その際は、お申し込みいただいた方へご連絡いたします。後日改めての実施はありません。)

  試食提供が出来ない場合もありますので、ご了承ください。

※「受講時のお願い」もあわせてご確認ください。

離乳食調理形態の見本

離乳食調理形態の見本

離乳食調理形態の見本 [PDFファイル/216KB]

離乳食調理形態の見本 A4印刷用 [PDFファイル/273KB]

※こちらは、A4版に分割して掲載しております。

離乳食教室の動画配信について

離乳食教室に参加出来なかった方などを対象に、離乳食教室で実施しているデモンストレーションの内容を動画にまとめましたので、ご覧ください。

詳しくは、「離乳食教室の動画配信について」をご覧ください。

 

また、新型コロナウイルス感染症が心配で教室に参加できず不安を抱えていらっしゃる方や訪問での相談が不安という方のために、令和2年9月よりZoomアプリを利用したオンライン相談を始めました。オンライン相談をご希望の場合は、下記アドレスに必要事項を入力したメールを送信してください。オンライン相談以外にも、離乳食についてご相談がありましたら、電話相談も受け付けておりますので、お気軽に保健推進課までご連絡ください。
※オンライン相談の場合、相談時間は1回につき概ね30分までとなりますのでご了承ください。
※土、日、祝日、12月28日から翌年1月3日の閉庁日は実施していません。

アドレス:hokensuishinka@city.uji.kyoto.jp

≪必要事項≫
(1)件名は、「オンライン相談について」
(2)お子さまの氏名
(3)お子さまの生年月日
(4)住所
(5)メールアドレス
(6)電話番号
(7)相談内容 ※例えば、「離乳食の進め方を教えてほしい」など簡単にご記入ください。

メールを確認後、後日、保健推進課より日程調整のご連絡をします。

≪注意事項≫
(1)セキュリティ対策としてZoomアプリは最新のバージョンを使用してください。
(2)周囲の雑音、カメラに映る背景などから個人情報が漏洩しないよう利用環境を整えてください。
(3)相談時の画像、動画、音声データを保存し、またはデータを他人に提供しないでください。
(4)ミーティングの参加URL、ID、パスワードは他人に教えないでください。
(5)参加は申込者本人と対象の子どものみです。(その他の家族や友人等の同席は禁止)
(6)相談時はZoomアプリのビデオ、オーディオをオンにしてください。
(7)Zoomアプリ利用により発生するいかなる損失や被害について、宇治市は一切の責任を負いません。
(8)利用は無料ですが、利用にあたっての通信費は自己負担となります。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


子どもと一緒に出かけたい
子どもを預けたい
保育所(園)・認定こども園・幼稚園
小学校・中学校
転入した人へ
子どもの発達が気になる人へ
ひとり親・生活困窮世帯向け情報
児童虐待を防止するために
児童相談所虐待対応ダイヤル189
休日夜間・小児救急