ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 熱中症にご注意を!! 宇治市消防本部

本文

熱中症にご注意を!! 宇治市消防本部

印刷ページ表示 更新日:2019年11月5日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症流行期でマスクを着用することにより、身体に負担がかかりますので、適宜マスクをはずして休憩することも大切です。ただし感染対策上重要ですので、はずす際は他人との距離に配慮し、周囲環境に十分に注意を払ってください。

熱中症とは、暑い環境によって発生する障害の総称です。

熱中症は重症度により1~3度に分類されます。

  • 【1度】 めまい、大量の発汗、失神、手足のしびれ、こむら返り
  • 【2度】 頭痛、吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、今一つ意識がはっきりしない、高体温(~39度)
  • 【3度】 意識がない、けいれん、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない・走れない、発汗停止、高体温(40度~)

熱中症による死亡事故も発生しているので、熱中症についての知識を身につけ、熱中症事故を予防しましょう。

熱中症が起こりやすい条件

  • 【環境】 気温、湿度、直射日光などが関係します。周囲の温度が上がると、身体から熱が放出されにくくなり、体温を超えると逆に身体に熱吸収が起こってしまいます。屋外だけではなく、屋内でも熱中症は起こります。
  • 【運動】 運動をすると筋肉から熱が発生します。特に激しい運動は体温を上げるので、暑い環境下では熱の放出は起こりにくくなります。
  • 【個人】 肥満傾向の人、体力の低い人、暑さに慣れていない人、体調の悪い人は熱中症を起こしやすいと言われています。

熱中症の予防策!!

  • 運動はなるべく涼しい時間に行いましょう。
  • 運動時はこまめに休憩をとりましょう。
  • こまめに安全・安心な水道水等で水分補給をしましょう。
  • 軽装で通気性のよいものを着ましょう。
  • 外出時は帽子をかぶりましょう。
  • 屋内では風通しを良くし、冷房を使用し、室温に気をつけましょう。
  • 車内への幼児の置き去りは絶対にやめましょう。

日陰で休ませる

熱中症かもしれないと思ったら!!

  • 日陰やクーラーのきいた室内など、涼しい場所に移動する。
  • 衣服をゆるめて寝かせる。
  • 冷たい水で濡らしたタオルを首や脇の下にあて、あおいで体を冷やす。
  • 自分で飲めるようなら、0.1%から0.2%くらいの食塩水かスポーツドリンクなどで、水分を補給する。

暑さへの耐性は個人差があります。自己管理することを忘れずにお願いします。

特に子供や高齢者は熱中症になりやすいので、家族の方々の注意が必要です。

熱中症および熱中症疑いの救急搬送状況(令和2年9月22日現在の調査内容)
    搬送人員 生後28日未満 生後28日以上
7歳未満
7歳以上
18歳未満
18歳以上
65歳未満
65歳以上
75歳未満
75歳以上 死亡 重症 中等症 軽症 屋内 屋外
   
5月 1           1     1     1
6月 12     1 2 2 7     6 6 3 9
7月 10     2   2 6     3 7 3 7
8月 45     2 10 8 25     12 33 15 30
9月 11       2 3 6     3 8 5 6
合計 79     5 14 15 45     25 54 26 53

市長からのメッセージ
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置