ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニでの受取について​

本文

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニでの受取について​

印刷ページ表示 更新日:2022年7月26日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)のコンビニでの受取について​

令和4年7月26日から対象のコンビニエンスストア等店舗内の端末で、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(ワクチンパスポート)を受け取ることができるサービスが開始し、宇治市も参加します。(※宇治市では住民票の写しなどのコンビニ交付サービスは、現在対応しておりません。)

令和4(2022)年7月26日から新型コロナワクチン接種証明書をコンビニで取得できるようになります<外部リンク>[PDF形式:760KB]​

※なお、宇治市内に7月26日から利用できるコンビニエンスストアはありませんので、ご注意ください。

 

1 事前に準備いただく必要があるもの​

【海外用及び日本国内用】

  1.  マイナンバーカード+暗証番号4桁(券面事項入力補助用)※1
  2.  接種証明書発行料(120円)
  3.  令和4年7月21日以降に新型コロナワクチン接種証明書アプリ、市町村窓口等で海外用の接種証明書を取得しており、その時と旅券番号が同じであること


【日本国内用】

  1. マイナンバーカード+暗証番号4桁(券面事項入力補助用)※1
  2. 接種証明書発行料(120円)

 

※1:暗証番号とは、マイナンバーカードを市町村の窓口で受け取った際に設定した、4桁の数字(券面事項入力補助用の数字)です。

注:印刷不良の場合を除き、発行後の返金には対応できません。コンビニの端末により、発行前にご自身で内容を確認いただくことになりますので、適切、接種時に交付された接種済証など接種事実が確認できる書類等をお持ちいただくと、内容の確認をスムーズに行うことができます。

 

2 ​事前に確認いただく必要があること​

  • 申請先の市町村やコンビニエンスストア等店舗が、サービスの利用ができるかどうか、事前に確認ください。その際、住民票の写しなどのコンビニ交付サービスと、利用可能な市区町村やコンビニエンスストアが異なる可能性がありますのでご注意ください。

コンビニ交付参加市町村(厚生労働省) <外部リンク>

利用できるコンビニエンスストア等店舗(厚生労働省) <外部リンク>

令和4年7月26日時点では、北海道等の一部地域のコンビニ等の店舗でのみ利用可能です。今後、拡大を予定しております。​

  • コンビニ等で海外用の接種証明書を取得するためには、令和4(2022)年7月21日以降に自治体窓口かアプリで​海外用の接種証明書を取得している必要があります。​
  • 以下の両方が接種証明書のコンビニ交付サービスに対応していることをご確認ください。​
  1. 申請先の(接種時に住民票のあった)市区町村​
  2. 行こうとしているコンビニ等の店舗​

 

3 利用方法

対象のコンビニエンスストアに設置されているキオスク端末を使用します。

新型コロナウイルス感染症予防接種証明書(コンビニでの取得方法)<外部リンク>[PDF形式:1MB]​

接種証明書発行料

証明書1通あたり120円

利用できる時間

毎日6時30分~23時00分で取得できます。(ただし、利用するコンビニの営業時間内に限る。)

 

4 問い合わせ先等

■接種証明書の意義など制度一般に関すること

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターフリーダイヤル

📞0120-761-770

受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)

 

■アプリの操作方法に関すること等

デジタル庁

デジタル庁お問い合わせフォーム<外部リンク>

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長からのメッセージ
ワクチンの接種
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置