ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 新型コロナウイルス感染症及び物価高騰等の影響を踏まえ水道料金を減免します

本文

新型コロナウイルス感染症及び物価高騰等の影響を踏まえ水道料金を減免します

印刷ページ表示 更新日:2022年8月8日更新 <外部リンク>

新型コロナウイルス感染症及び物価高騰等の影響を踏まえた水道料金の減免について

市民や市内事業者の皆さまの支援を目的として、次の通り水道料金を減免します。

減免期間及び減免内容

1.令和4年度 第4期(10月・11月検針分)

上水道の基本使用料 及び 水道メーター使用料 全額免除 します。

上水道の超過使用料(使用水量が基本使用料でご使用いただける範囲を超えた場合に、水量に応じて発生する料金)及び下水道使用料は通常通り請求します。

※下水道に未接続で、上水道の使用水量が基本使用料の範囲内の場合は、料金が発生しないため請求は行いません。

例1)令和4年度 第4期 減免額(税込)

※家庭用、水道メーターの口径が20mmの水栓で、使用水量が1期(2か月)で40立方メートルの場合

区分 通常料金 減免後 減免額
基本使用料 2,002円 0円 2,002円
超過使用料 3,775円 3,775円
水道メーター使用料 176円 0円 176円
合計 5,953円 3,775円 2,178円

2.令和4年度 第5期(12月・1月検針分) 及び 第6期(2月・3月検針分)

令和4年度 第5期より水道料金を改定します。(※料金改定の詳細についてはこちらをご覧ください)

改定後の上水道の基本使用料 及び 水道メーター使用料 半額減額 します。

例2)令和4年度 第5期・第6期の1期あたりの減免額(税込)

※家庭用、水道メーターの口径が20mmの水栓で、使用水量が1期(2か月)で40立方メートルの場合

区分 通常料金 減免後 減免額
基本使用料 2,266円 1,133円 1,133円
超過使用料 4,250円 4,250円
水道メーター使用料 308円 154円 154円
合計 6,824円 5,537円 1,287円

 

令和4年度 第4期から第6期までの合計減免額 ※家庭用、水道メーターの口径が20mmの水栓の場合

第4期 2,178円+第5期 1,287円+第6期 1,287円=4,752円

 

その他の用途の基本使用料及びメーター使用料はこちら

※リンク先ページの「用途別水道料金単価表」をご参照ください。

対象者

用途を問わず、宇治市と直接給水契約を締結しているすべての使用者

減免を受けるには

申請等の手続きは不要です。

市が請求を行う時点で上水道の基本使用料と水道メーター使用料を減免します。

集合住宅等の取り扱いについて

集合住宅等については、管理会社様等に請求する上水道料金のうち、戸数に応じて計算する基本使用料と、市が建物に1個貸与している水道メーターの使用料を減免します。

減免期間及び減免内容については、上記のとおりです。

管理会社様等におかれましては、今回の減免の趣旨を踏まえ、各入居者様にご請求される水道料金につきまして、可能なかぎりご配慮いただきますようお願いいたします。

その他

水道料金の減免は、対象となる期別の定例の水道メーター検針(2か月に一度の検針)を受けて確定した料金が対象となります。減免対象期別のご使用であっても、定例の水道メーター検針までに閉栓にされた場合は取り扱いが異なります。


市長からのメッセージ
ワクチンの接種
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
市職員及び市立学校教職員等の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置