ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 ホーム > 新型コロナウイルス感染症対策に関する特別サイト > 飛沫感染防止用シートを設置する際にはご注意を!

本文

飛沫感染防止用シートを設置する際にはご注意を!

印刷ページ表示 更新日:2020年9月4日更新 <外部リンク>

飛沫感染防止用シートを設置する際にはご注意を!

 新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として、レジカウンターや受付窓口に透明のビニールシート等(以下「シート」という。)を設置するところが増えてきています。
 先日、大阪府内の商業施設で、シートが関連する火災が発生しました。設置する場合は、次の点に注意してください。

●材質によっては燃えやすい!
 ビニール製やナイロン製のシートは、一度火が付くと一気に拡大し、全体に燃え広がります。また、燃えた状態でポタポタと垂れるので付近にあるものに延焼拡大する可能性が高くなります。付近は整理整頓し、燃えやすいものを置かないようにしましょう。

●火気の近くを避ける!
 火気使用設備・器具、白熱電球のような熱源となるものから距離を取って設置しましょう。シートの付近で喫煙はしないでください。

●消防用設備等の障害になっていないか確認する!
 自動火災報知設備の感知器やスプリンクラーヘッド付近に設置すると、火災が発生した時に有効に作動しないおそれがあります。

●避難の妨げにならないように設置する!
 出入口や避難経路の障害となるような場所への設置は避けましょう。

シートに着火後、燃え広がる様子(写真提供 枚方寝屋川消防組合消防本部)

飛沫感染防止用シートに着火する画像
着火後燃え広がる画像
着火後さらに燃え広がる画像
※燃えにくい素材のものもあります。
※ご不明な点は、お近くの消防署または消防本部予防課までお問合せください。

リーフレット(R2.9.4更新)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


市長からのメッセージ
よくある質問(Q&A)
特別定額給付金
総合案内窓口、相談
感染症対策
保育所、学校・幼稚園等の対応
事業の実施状況
市内の感染者の発生等の状況
聴覚障害者・視覚障害者の人へ
外国人住民(がいこくじんじゅうみん)の人へ
動画での情報発信
宇治市新型コロナウイルス感染症対策本部の設置